« 今回は、Miss.Sとキム・テウさんの歌・・・ | トップページ | 韓国ドラマ「テロワール」10話まで見ました。 »

2009年10月 4日 (日)

韓国ドラマ「テロワール」見始めました。6話まで

韓国ドラマ「テロワール」を見始めました。6話まで見ました。ちょっと、私生活が忙しくて、気分的に乗ってない時に見るドラマは可哀想です^^。視聴するにも、心の余裕ってものが必要なことがわかりました^^なんか、このわかりきった展開・・・何とかならんかい・・・ハン・ヘジンさんは、クムスンそのままのキャラじゃん・・・表情の作り方のレパートリーは無いのか?また、同居モノかい^^と思いながら、始まりました。2話まで、次のドラマは、何にしようと思って見ていました。(もう、リタイヤ気分蔓延です) もし、気分が乗ってたら、ハン・ヘジンさん可愛い・・キム・ジュヒョクさんとの対立から始まる恋って王道じゃん。こうやって反発しているうちにいつしか恋に落ちちゃうんだよな~って思ったでしょうね。

このドラマは伝統酒を作っている家の娘イ・ウジュ(ハン・ヘジンさん)が、借金のカタにとられた自分の家がワインレストランに変わった時、何とか取り戻そうと、そこに居座り、いつしかワインの魅力に取り付かれ、レストラン経営者のカン・テミン(キム・ジュヒョクさん)とも仲良くなるという物語と思います。ウジュは絶対嗅覚を持っていて、酒の臭いでいろんな情報を得るという特異な能力を持っています。まず、出会いは、ウジュの伝統酒とテミンの高価な(1000万円を越える)ワイン(シャトー・ムートンワイヤー1945)がすり替わったことから始まります。この結果、テミンは自分の会社に居づらくなり、叔父の遺産であるウジュの生家の権利書を利用して、自分のワインレストランを開くことにします。ウジュ祖父との約束により、伝統酒を作っていた時の従業員を雇うことにしたテミンは、彼らのワインや洋風の料理に対する知識の無さに愕然としますが・・・って感じです。

テミンがワインレストランを開いてからは、見られるようになりました。それは、ワインには、まったくの素人であるウジュが特異な能力を生かして、成り上がっていく感じになってきたからです。(チャングムとかホジュンのように才能でもって成功していく物語はワクワクして好き)そして、無能と思われた従業員もきっと何か得意な分野があって、ワインレストランのピンチを救うのでは無いかと予感させたからです。さらに、ウジュは、すり替わった高価なワインを密かに半分残してますから、これが今後のおもしろい展開に繋がるのでは無いのかという期待があります。(「何だこの店のワインは?ゴクッ・・・この味は・・・すごい!。銘柄を教えてくれ~」「シャトームートンマイヤー1945です」「ええ~~~~」てな展開を私は期待しています(開栓されちゃってるから、こんなシーンは無いかもね。でも季節が春前みたいだから、保存温度としてはまだありえるか・・・詳しくないのでわかりません)

・・・ということで、まだ、見るみたい^^

|

« 今回は、Miss.Sとキム・テウさんの歌・・・ | トップページ | 韓国ドラマ「テロワール」10話まで見ました。 »

コメント

ぼんやりさんおひさしぶりです。
ハン・ヘジンさんのクムスン役が頭から離れず 私もなかなかドラマに入り込めずに楽しむ事が出来ないbearing     がんばれクムスンがホントに名作だって事なんでしょうね。

投稿: mimi | 2009年10月 8日 (木) 18時52分

こんにちは、mimiさん。

そうなんです。クムスンとかぶるのです。クムスンが、一生懸命ワインレストランで働いているという感じなんですよね。知らないうちに、クムスン脇役キャラを心の中で探しているのかもしれません。

見る順番が、クムスン→朱蒙→テロワールなら、もう少し良かったかもしれません。私は1%の奇跡→朱蒙→クムスン→テロワールでした。イメージを変える朱蒙の位置が重要でしょう。

投稿: ぼんやり | 2009年10月 9日 (金) 06時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/46387586

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「テロワール」見始めました。6話まで:

» 韓国ドラマの評判サイト集 [韓国ドラマの評判サイト集]
韓国ドラマの評判などを集めました。 [続きを読む]

受信: 2009年10月 4日 (日) 17時15分

« 今回は、Miss.Sとキム・テウさんの歌・・・ | トップページ | 韓国ドラマ「テロワール」10話まで見ました。 »