« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月16日 (月)

韓国ドラマ「華麗なる遺産」8話まで

韓国ドラマ「華麗なる遺産」8話まで見ました。

最近、いろいろとヤボ用がありまして、更新が滞っております。録画だけは、同じペースでやっているので、貯まって貯まって・・・しかたない。これが、お金なら良いのですが・・そうはいかないようで・・(泣)そうそう、携帯電話での予定管理に不満がでてきて、発作的にすでに歴史の彼方に置き去られたアイテムPDA(個人情報端末、電子手帳)の中古を買いました。普通の人は携帯電話で十分だと思うのですが、つい買ってしまったので、発作的・・・病気・・・というわけです。中古ですから、そんなに高くはありません。名機と言われるSONY クリエTH-55です。もちろんとっくの昔に販売中止です。さて、何に使おうかな~おいおい^^(だから、病気だって・・・持ってるだけで結構楽しい。すぐ飽きるのが、子供っぽいとも言う)

さて、本題に戻りますと、今、見ているのはこのドラマだけです。(そういや「テロワール」は、止まっているところよりもう少し見てますが、感想をアップしていません。)皆さんは、このドラマを見て何を感じるでしょうか。実は、私は、相当ムカツクのです。ストーリー上成功していると思うのですが、ファン(イ・スンギさん)の世間知らずというか、自分勝手というか、おこちゃまっぽい態度にムカムカくるんですよね。世間の常識を知らないのは、育ってきた環境のせいとも思うのですが、社会が多人数で成り立っている以上、許されないことがあるはずです。最低のルールと思われるポイントをファンが破るので、頭にくるわけです。まあ、ドラマはこのファンが、ウンソン(ハン・ヒョジュさん)から、働く意味を教えられる過程で恋に落ちてしまい、人として大きく成長するということを描くのでしょうから、しょうがありませんけど、ここまで、私の感情として落ちたキャラとウンソンとの恋では、イマイチ感が強いです。

さらに、ファン祖母を除く、ファンの家族の変なところもすごいです。非常識が集まるとそこはすでに常識となり、普通の考え方の人が非常識と言われる。常識とは、心の中に置く自らの規範ですから、決まったものではありません。そこが違う人に、いくら「それは常識だよ」と説いたって、理解されないのです。仕事中に私用の携帯電話で長話しをする人に注意すると、「何故?」って答えが返ってきたことがあります。「えっ」と絶句しましたけど・・・。本当に世の中には、いろんな人がいるものだと思いました。

対抗のパク・ジュンセ(ペ・スビンさん)は非常に良い人に思えて、ウンソンとお似合いで結ばれて欲しいと思うのですが、私としては、画面的には妙なおかしさが感じられます。すみません。ペ・スビンさんが、一生懸命良い男を演じれば演じるほど、笑いがこみ上げてくるのです。顔がおもしろいのかなぁ^^でも、ジュンセのような男性は優しくて良いんじゃないでしょうか。まあ、つまんないと思う人もいるかもしれませんね。刺激ってのも恋愛には必要だと思いますから・・・。

う~ん、内容に関して、筆が進まないドラマだな~。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »