« 韓国ドラマ「華麗なる遺産」8話まで | トップページ | 2009年に見た韓国ドラマについて »

2009年12月20日 (日)

韓国ドラマ「華麗なる遺産」13話まで

韓国ドラマ「華麗なる遺産」13話まで見ました。私は、一度見始めると途中で視聴を停止することが嫌いです。ですから、このドラマを見ては、止まり・・・見ては止まり・・・の繰り返しでした。途中で止められる=おもしろくないということです。

そして13話、やっとちょっとおもしろくなったかなってところです。この前までは、泣けそうなシーンをつくってはあるけど、泣けない。悲しそうなシーンがあるのだけど、共感できない。世間知らずの甘ちゃん達のたわごとにつき合う気はまったく湧かないという状態でした。。ですから、話に入り込めなかったんです。ここに来て、やっと、ファンに改心の兆しが見え、ウンソンの会社経営の手腕を試されるという話となってきましたから、興味がでてきました。次が見たいと思いましたよ。

ファン祖母は、全財産を他人のウンソンに譲ることにしました。通常、主人公は、清廉潔白な精神を持っていますから、そんなものを受け取るはずがありません。ここで、ウンソンが、このファン祖母の申し出を受け入れるための状況が、ずっとこれまで語られてきたわけです。長い~長すぎる^^。ファン祖母は、ファンが後継者として資質がないこと、財産の存在がファンの家族にとって良い影響を与えていないこと、会社とは、社員の生活を預かるものであることと思っていました。ですから、自らの志を継ぐべき人を考え、探すしかなかったのです。これは、孫を愛していればいるほど、苦渋の決断といえます。しかし、愛とは甘やかして、手の中で幸せに守ることでは無いのです。いつまでも守れないなら、自立する道を作ってやらねばなりません。それが、育ててきた者の責任というものです。

こうしたファン祖母の思いは、やっと孫のファンに伝わることとなりました。さて、どう、変わるんだろうかね^^。一方、ウンソンは、自分が財産を相続しなくても、ファンへ財産が渡らないということがわかりました。ファン祖母の財産とは、「志」で、お金は単に付随しているだけですからね。それなら、自分がその志を継いで、働ける喜びを社員に与えたいと思いました。さらに、スンミとファンの結婚をすすめる義理の母への復讐も大きい因子です。つまり、ウンソンが財産を相続すると、ファンは無一文・・・それでも、スンミとファンは結婚しますか?と問うているのです。私は、別にどうってことないと思いますが、条件を考える人にとっては、大問題ですよね。スンミの気持ちが、財産込みなのか、純粋な愛なのか、よくわからないのですが、スンミ自体もかなり裏のある性格ですから、これからウンソンと対立しそうです。また、ウンソンの弟と父のエピソードが間延びしていて、いくぶん退屈です。後半、大きな波紋となることがわかっていますが、どうも、切れ切れ感があって、盛り上がらんよね^^

・・・と、久しぶりに感想を書きました。この間、本当にドラマを見ていません。現実の世界の方で、気になることが生じているので、そっちをがんばろうと思っています。いや、がんばるというモノではない気もします。「何かを得ようとしたら、何かを捨てないといけない」んだって・・・困った・・どっちも欲しいが、今は、ちょっとドラマ視聴の方をゆっくりめで・・いきます。

|

« 韓国ドラマ「華麗なる遺産」8話まで | トップページ | 2009年に見た韓国ドラマについて »

コメント

今晩は
  今ねぇ~『太陽を飲み込め』観てます
 チソン・・・のドラマは初めてなんだけど、いい様な悪い様な、脇役はとても揃ってて、悪いはずはないのだけど・・・・余りに色んな人生が織り交ぜられてて、絞り切れないかな・・・決して悪いドラマではないんだけどね。たぶん・・・華麗なる遺産よりはいいかと思われますので。。。kご覧あれ

投稿: おじょ | 2009年12月22日 (火) 19時50分

こんにちは、おじょさん
太陽を飲み込めですか。配役を見るととっても見たいというレベルのドラマです。番組宣伝を見てるとスケールが大きいようですが、どうなんでしょうか?見るのが楽しみです。華麗なる遺産は、今のところは、ノリが悪いです。いつか、おもしろくなれば良いのですがね。

投稿: ぼんやり | 2009年12月23日 (水) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/47071838

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「華麗なる遺産」13話まで:

« 韓国ドラマ「華麗なる遺産」8話まで | トップページ | 2009年に見た韓国ドラマについて »