« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月23日 (金)

韓国ドラマ「シンデレラのお姉さん」7話まで

韓国ドラマ「シンデレラのお姉さん」7話まで見ました。いやぁ・・これまで、おもしろいです・・。8年後出会った2人、(ウンジョとギフン)。ウンジョは、ヒョソンがギフンと付き合ってるという嘘を信じ、しかも、自分のところに連絡もないということで、自らの心を閉ざしてしまいました。プライド高いですわ・・。しかし、ギフンのことは、とっても好きということが、視線・演技から見てとれます。ムン・グニョンさん・・恐るべき女優ですねぇ。

ギフンはウンジョの造り酒屋が、商売仇であるギフン親と兄から狙われているということを知り、自らの手で経営権を獲得しようとウンジョのいる造り酒屋へ戻ってきます。これは、ある意味、守るという行動なんですが、ウンジョ一家にとっては、裏切り行為です。この点を隠して潜入しているわけですから、後半、大きな山場を構成する伏線となっています。心の中に、意図を隠してウンジョに対するギフン。心を閉ざしたウンジョから、素直な言葉や態度を引き出すことはできません。

さて、私がボロボロ涙したのは、名優キム・ガブスさん演じるク・デソンが、妻の愛が自分に無いことを隠れ聞いたシーンです。妻が自分の財産を目当てに好きって言ってるのを聞くのはショックですよね。それを慰めようとするウンジョに対し、「大丈夫。私が妻を好きなんだから・・・初めてウンジョが家にやってきたとき、ウンジョが可哀想で子供時代まで戻って抱きしめたいくらいだった」と答えるデソン。なんて、良い人なんだぁ。う~ん、私ボロボロなんですけど・・。こんな人のためなら・・・と思いますよね。ウンジョもそう思ったはず・・・。すると、ウンジョのデソン酒屋への守ろうという想いが強くなるわけで、当然、その結果、ギフンの潜入が大きな問題となることが予想されます。流れがうまい!

そして、イ・ミスクさん演じるデソン妻ソン・ガンスクは、財産のことばかり考えてますし、隠れて前の同棲相手であるチャンとも会っているようです(腐れ縁ですな)。彼女の心の中は、今のところ非常にわかりにくい感じですが、子供の頃、死にそうになったウンジョを見て、私は神を捨てたというごとく、我が娘ウンジョへの愛は相当だと感じています。

そして、ソウさん演じるク・ヒョソン・・。もっと、嫌な性格になるのかと思いましたが、今のところ大丈夫です。子供の時からの甘えん坊をひこずっているだけですね。彼女も姉と比較され、姉から無視されるために辛い気持ちを抱えていますが、その奥底の本質は姉のウンジョが大好きと思われます。

さあ、このドラマの正体^^・・は掴めましたか?登場人物は、いずれも善良(?)なのですが、それぞれの価値観の中で心を偽って生きているのです。それは、嘘つきと言われる行為かもしれません。嘘も相手に気がつかせなければ、真実に変わる。このドラマは、まさに本心と違う行動や言動をとる役者さん達を味あうドラマでしょう。

実は、これは身近なテーマなんです。私たちは日々の生活の中で、自分の心や気持ちを偽って生きているはずです(おい、断言かい^^)。自分の感じたままを口に出してたら、そりゃ、世の中、争いだらけですわ。人は自らの価値観のまま、物事の好き嫌い、善し悪しを判断します。しかし、そこで、もう一度自分の中で、常識とか人付き合いとか、ことなかれ主義などの要素を加えて、自分の心を偽るのです。この偽るという行動は、習慣的に、無意識に行われますので、気がつかないことが多いです。気がつかなけりゃ、それは本当に変わります。

しかし、心を偽るという行動を自らの意志で行う場合、そこには、大きなストレスが生まれることになります。そして、ある決断を下す時、呪文を発するのです。「自らの心のままに生きる」う~ん、良い言葉だぁ・・しかし、それは、単に自分に言い聞かす呪文で必要なものですが、結論は、すでにでているはずですね。ドラマでは、視聴者の目という第三者的立場から、ドラマ中の人物の本心を知っていますから、心を偽ることのそこに切なさや苦悩を感じ取ることができるわけです。ストレスの蓄積による臨界点は、いつどんな形で訪れるのでしょうか?興味は尽きません。

そうそう・・心に感じた言葉が、もうひとつありました。「敵は自分にある」ギフンがヒョソンに言った言葉です。うまく行かない人生の理由を他のものに押しつけてはいけません。うまくいかないのは自分のせい。シンデレラに象徴されるヒョソンは、自分の外からくる何かがきっと自分の人生を変えてくれると思っていました。でも、そうではない。自分が変えねば変わらないのです。「天は自ら助くる者を助く」人はだませても天を欺くことはできません。自分の努力はきっと報われると信じて、生きていくことが大切なのでしょうね。

ムン・グニョンさんが、「キツネちゃん、何しているの」のコ・ヒョンジョンさんに見えてくるのは、何故だろう(似てないと思うんですが)^^髪型?ポテッとした感じ・・・?相手がチョン・ジョンミョンさんだから?私だけかいな^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

韓国ドラマ「シンデレラのお姉さん」4話まで

韓国ドラマ「シンデレラのお姉さん」4話まで見ました。なかなか渋いといえるドラマです(これは褒めています)。気がつくと右目から涙がポロリと流れているドラマ。左目は泣いてません(いえいえ、右手でほおづえをついて横に寝転がっているもんで・・・笑)

何と言っても、ソン・ウンジョ(ムン・グニョンさん)・・根性悪く見えるのですが、実は悪くない。その彼女がホン・ギフン(チョン・ジョンミョンさん)に惹かれていくところが何とも良いです(安易ですけどね^^)数学で学校で1番になって、表彰状を持って帰った時に「私は一人に褒めてもらえれば、それでよかった」と心の声で語られます。そして、ギフンの隣に行って、無言のまま、呼び出し、賞状を見せます。もちろん、ギフンは「良くやった」の声。ウンジョは、まったく嬉しそうな顔もせず、無言・・・う~ん、こんな展開たまらないのですけど・・・。ちょっと私のツボを押してくれています。

この後、唐突にギフン入隊・・。まあ、会長グループからのちょっかいが、うざいのが原因でしょうけどね。ありゃ、これからウンジョといちゃいちゃタイムかと思う期待を外しました。

そして、時は流れて8年後・・・おい、急すぎるんですけど。いや、ヒョソン役のソウさん変わり過ぎ。ソウさんって、子供のセーラー服がめちゃ似合っていたのですけど、これから、お嬢様の役をするんですかい。女って化けるよね~。天真爛漫だったヒョソンに、「最低女」と言わせたウンジョですから、この8年間にどんなことがあったのでしょうか。おまけにあの太った血の繋がりのない弟が格好良くなるみたいだし、期待感は大きいです。続きを見たいので、こんなところで・・・^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 7日 (水)

韓国ドラマ「シンデレラのお姉さん」1話見ました。

韓国ドラマ「シンデレラのお姉さん」1話見てみました。ちょっと時間がとれたので、何か見ようかなと思い選んだのがコレ。事前知識まったくありません。題名がシャレているので、惹かれたというレベルです。

誰が出演してるんだろうと思ってみたら、番組宣伝で見た目のきっつい女性って、ムン・グニョンさんかい?こりゃ、気がつかない変身です。ムン・グニョンさんは、基本的にベビーフェイスですから、色気のある役とか、性格の悪い役はできないと印象を持っています。「風の絵師」では、男性風に変身し、今度は性格の悪い役ですか?チャレンジ精神旺盛ですね。それが、成功したかどうかは、視聴後に述べたい(いつになるやら^^)と思います。

さて、もうひとりの女優さんはソウさん。第一印象は・・・気色悪いんですけど(笑)しかし、このドラマって、キム・ガプスさんとイ・ミスクさんという大物が出演してますので、この2人で雰囲気を変えてしまい、高級感(^^)を感じさせます。そういや、ファッション70やキツネちゃんのチョン・ジョンミョンさんが出演しています。あまり好きな男優さんじゃ無いんで、いくぶん辛い気がしています(ごめん)。心・・動かされる物語であったら良いなぁ。

さて、1話だけの感想を書きますと・・・これって、おもしろいの?ってのが本音です。だって、1話見て私は別の用事をしはじめましたから・・・おもしろいと、夢中で次を見るのでそんなことはありません。

物語は、ダメ男に次々と惚れるソン・ガンスク(イ・ミスクさん)とその娘ソン・ウンジョ(ムン・グニョンさん)の2人は、酔っぱらい暴力男から逃げ出す途中で、金持ちの娘ク・ヒョソン(ソウさん)さんと出会い、ダイヤの指輪を預けます。この指輪を取り戻そうとヒョソンの家をガンスクが訪れるのですが、ヒョソンはガンスクに亡くなった母を見て慕うことになります。すると、娘可愛いヒョンソの父ク・デソン(キム・ガブスさん)も、ガンスクに惚れることになったようです。かくして、ここに、幸せな父娘と不幸な母娘から構成される家族ができるわけです。継母に対するシンデレラはソウさん演じるヒョソン。そのお姉さんはウンジョってわけですよね。このヒョソンが、純真なんですが、ちょいと馬鹿っぽく感じられるのが辛いです。きっと、この彼女の性格の変遷を描くためにわざとそう演出しているのでしょうね。一方のウンジョの方は、想定内の性格のひねくれ方ですので、特に違和感はありません。この2人の義理の姉妹の愛憎と性格の変わり方を味合うドラマだと感じています。どうやら、ここは序盤で、このあと何年か過ぎるようですね。楽しみにしておきます。さあ、続けて見られるでしょうか・・・ファイティン^^

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »