« 韓国ドラマ「シンデレラのお姉さん」4話まで | トップページ | 韓国ドラマ「シンデレラのお姉さん」12話まで »

2010年7月23日 (金)

韓国ドラマ「シンデレラのお姉さん」7話まで

韓国ドラマ「シンデレラのお姉さん」7話まで見ました。いやぁ・・これまで、おもしろいです・・。8年後出会った2人、(ウンジョとギフン)。ウンジョは、ヒョソンがギフンと付き合ってるという嘘を信じ、しかも、自分のところに連絡もないということで、自らの心を閉ざしてしまいました。プライド高いですわ・・。しかし、ギフンのことは、とっても好きということが、視線・演技から見てとれます。ムン・グニョンさん・・恐るべき女優ですねぇ。

ギフンはウンジョの造り酒屋が、商売仇であるギフン親と兄から狙われているということを知り、自らの手で経営権を獲得しようとウンジョのいる造り酒屋へ戻ってきます。これは、ある意味、守るという行動なんですが、ウンジョ一家にとっては、裏切り行為です。この点を隠して潜入しているわけですから、後半、大きな山場を構成する伏線となっています。心の中に、意図を隠してウンジョに対するギフン。心を閉ざしたウンジョから、素直な言葉や態度を引き出すことはできません。

さて、私がボロボロ涙したのは、名優キム・ガブスさん演じるク・デソンが、妻の愛が自分に無いことを隠れ聞いたシーンです。妻が自分の財産を目当てに好きって言ってるのを聞くのはショックですよね。それを慰めようとするウンジョに対し、「大丈夫。私が妻を好きなんだから・・・初めてウンジョが家にやってきたとき、ウンジョが可哀想で子供時代まで戻って抱きしめたいくらいだった」と答えるデソン。なんて、良い人なんだぁ。う~ん、私ボロボロなんですけど・・。こんな人のためなら・・・と思いますよね。ウンジョもそう思ったはず・・・。すると、ウンジョのデソン酒屋への守ろうという想いが強くなるわけで、当然、その結果、ギフンの潜入が大きな問題となることが予想されます。流れがうまい!

そして、イ・ミスクさん演じるデソン妻ソン・ガンスクは、財産のことばかり考えてますし、隠れて前の同棲相手であるチャンとも会っているようです(腐れ縁ですな)。彼女の心の中は、今のところ非常にわかりにくい感じですが、子供の頃、死にそうになったウンジョを見て、私は神を捨てたというごとく、我が娘ウンジョへの愛は相当だと感じています。

そして、ソウさん演じるク・ヒョソン・・。もっと、嫌な性格になるのかと思いましたが、今のところ大丈夫です。子供の時からの甘えん坊をひこずっているだけですね。彼女も姉と比較され、姉から無視されるために辛い気持ちを抱えていますが、その奥底の本質は姉のウンジョが大好きと思われます。

さあ、このドラマの正体^^・・は掴めましたか?登場人物は、いずれも善良(?)なのですが、それぞれの価値観の中で心を偽って生きているのです。それは、嘘つきと言われる行為かもしれません。嘘も相手に気がつかせなければ、真実に変わる。このドラマは、まさに本心と違う行動や言動をとる役者さん達を味あうドラマでしょう。

実は、これは身近なテーマなんです。私たちは日々の生活の中で、自分の心や気持ちを偽って生きているはずです(おい、断言かい^^)。自分の感じたままを口に出してたら、そりゃ、世の中、争いだらけですわ。人は自らの価値観のまま、物事の好き嫌い、善し悪しを判断します。しかし、そこで、もう一度自分の中で、常識とか人付き合いとか、ことなかれ主義などの要素を加えて、自分の心を偽るのです。この偽るという行動は、習慣的に、無意識に行われますので、気がつかないことが多いです。気がつかなけりゃ、それは本当に変わります。

しかし、心を偽るという行動を自らの意志で行う場合、そこには、大きなストレスが生まれることになります。そして、ある決断を下す時、呪文を発するのです。「自らの心のままに生きる」う~ん、良い言葉だぁ・・しかし、それは、単に自分に言い聞かす呪文で必要なものですが、結論は、すでにでているはずですね。ドラマでは、視聴者の目という第三者的立場から、ドラマ中の人物の本心を知っていますから、心を偽ることのそこに切なさや苦悩を感じ取ることができるわけです。ストレスの蓄積による臨界点は、いつどんな形で訪れるのでしょうか?興味は尽きません。

そうそう・・心に感じた言葉が、もうひとつありました。「敵は自分にある」ギフンがヒョソンに言った言葉です。うまく行かない人生の理由を他のものに押しつけてはいけません。うまくいかないのは自分のせい。シンデレラに象徴されるヒョソンは、自分の外からくる何かがきっと自分の人生を変えてくれると思っていました。でも、そうではない。自分が変えねば変わらないのです。「天は自ら助くる者を助く」人はだませても天を欺くことはできません。自分の努力はきっと報われると信じて、生きていくことが大切なのでしょうね。

ムン・グニョンさんが、「キツネちゃん、何しているの」のコ・ヒョンジョンさんに見えてくるのは、何故だろう(似てないと思うんですが)^^髪型?ポテッとした感じ・・・?相手がチョン・ジョンミョンさんだから?私だけかいな^^

|

« 韓国ドラマ「シンデレラのお姉さん」4話まで | トップページ | 韓国ドラマ「シンデレラのお姉さん」12話まで »

コメント

おはようございます

   このドラマ・・・欲しいんだわ
    けど・・・もう少し待たないと無理かな
   コ・ヒョンジョンさん
     結構、癖ある俳優さんだよね
    ファッション70
      キツネちゃん・・・みたんですが、ときめかなかったかなwobbly
    このふたつの作品は結構好きなんだけどね
    あぁ~~~早く見たいわ

投稿: おじょです | 2010年7月24日 (土) 07時58分

こんにちは、おじょさん^^
なかなか渋いドラマです。今、mnetで放送中ですが、全20話終わるまでもう少し時間が必要です。何と言っても、ソウさんの演技が変わってきたことが、大きい。序盤びっくりするほどのオーバー表現・発音が、演技だったと言うことです(そういう感じの演出したわけね)。彼女がドラマの中に収まってくるにつれて、見やすいドラマと変わってきました。

投稿: ぼんやり | 2010年7月26日 (月) 06時45分

こんにちは。
私も今Mnetで録画しながら見ております。
最初、題名が変わっているな~と思ったくらいで見始めたドラマですが、なかなか深イイドラマですね。

最初は、あまりにも素直じゃなさすぎるウンジョに腹の立つ時もありましたが、歩んできた人生が違うのだから理解するしかありませんよね。
ソウさんは本当にかわいい、日本人男子ウケする顔だと思っていたら、案の定、息子がチラッと見て「おっ!かわいい!」と言ってました。
フッ・・・男なんて・・・(--)

でも、ムン・グニョンさんもそうだけど、ソウさんの感情移入ってすごいですよね。
たまにぶりっこか!と思う時もありますが、そんな彼女がウンジョに悪態つく演技を見ると、かわいいというより綺麗なだ~って思ってしまいます。

毎週楽しみになりました^^

投稿: コッスン | 2010年7月26日 (月) 10時35分

こんにちは、コッスンさん^^

ムン・グニョンさんとソウさんの演技は、すごいです。この2人の感情の絡みは見るべきものがあります。ウンジョの根底にある隠されたヒョソンへの愛・・・愛するということには、いろいろな表現があると考えさされた次第です。すばらしい!

ギフンの苦悩が少し弱いかなぁと思う中盤ですが・・・ね^^

投稿: ぼんやり | 2010年7月27日 (火) 06時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/48951353

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「シンデレラのお姉さん」7話まで:

« 韓国ドラマ「シンデレラのお姉さん」4話まで | トップページ | 韓国ドラマ「シンデレラのお姉さん」12話まで »