« 韓国ドラマ「シークレット・ガーデン」2話まで見ました。 | トップページ | 韓国ドラマ「シークレット・ガーデン」10話まで見ました。 »

2011年5月 4日 (水)

韓国ドラマ「シークレット・ガーデン」6話まで見ました。

韓国ドラマ「シークレット・ガーデン」6話まで見ました。おもしろいですよ。

5話までは、堂々たる定番の韓国ドラマです。お金持ちのハンサムでわがままな男と貧乏だけで一生懸命生きている女性の恋愛物語。普通なら、わがまま金持ち男は、貧乏な娘と交際するにつれて、自分の境遇が恵まれていることに気づき、人間的に成長し、貧乏な娘は、初めは嫌っていた金持ち男にいつしか惹かれてしまい、環境の違いにとまどいながら、恋を諦める・・・と、こういうふうに物語をつくるわけです。

確かに5話までは、こんなパターンで進みます。そんなお話にしても、十分見ることのできる話しだったのですが、6話にして一転。脚本家の人・・よく考えました。すごいです。なんと、済州島にある「神秘の庭」(だったけ?)という食堂でもらった酒を2人は飲み干し、朝起きたら、男女の魂の入れ替えがおきていたのです。いきなりの強引なファンタジーですわ。設定は別として、こうなると、とってもおもしろい。お金持ちの男は、貧乏な女性の体を持ってしまい、女性は突然お金持ちの男性の体を持ってしまったのです。ありふれた環境から、急に変わったジュウォンとライム。どんなことがおこるのでしょう。視聴者は笑いながら興味しんしんです。脚本の大成功と言えるでしょうね。

これを支えるのがヒョンビンさんとハ・ジウォンさんの演技です。ヒョンビンさんの演技はオカマっぽくて気持ち悪いのですが、とってもおかしい。ハ・ジウォンさんの演技ははまり役と思えます。これから、互いの環境の違いを体験していくことで、2人の人間的な成長が見られるのでしょうね。

さて、まだ、隠されているのですが、オスカーとユン・スルの関係も切ない感じです。オスカーはプレイボーイですが、過去に心を許した唯一の女性がいました。それが、ユン・スル。ユン・スルは、過去にオスカーのプロポーズをこっぴどく拒絶しましたが、オスカーの心の中にはユン・スルがいるようです。一方のユン・スルがオスカーのプロポーズを断った理由がまだわかりません。何か事情があって、好きな男の求愛を拒絶したという感じです。男の心がわからなかったから、いったん拒絶して追いかけてくるのを待っていたらこなかった・・というのもありでしょうか。そのうちあきらかになると思います。この2人は好きあっているのに、ボタンの掛け違いでうまくいっていません。視線に愛があるのに、うまくいかない切なさ・・・このドラマのサイドストーリーとしておもしろいと思います。

とりいそぎ感想を書いたし、さあ、続きを見よう!

|

« 韓国ドラマ「シークレット・ガーデン」2話まで見ました。 | トップページ | 韓国ドラマ「シークレット・ガーデン」10話まで見ました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/51573864

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「シークレット・ガーデン」6話まで見ました。:

« 韓国ドラマ「シークレット・ガーデン」2話まで見ました。 | トップページ | 韓国ドラマ「シークレット・ガーデン」10話まで見ました。 »