« 韓国ドラマ「メリーは外泊中」見始めました。2話まで | トップページ | 久しぶりにDAVICHI・・・^^ »

2011年6月16日 (木)

韓国ドラマ「トンイ」全60話見終わりました。

韓国ドラマ「トンイ」全60話見終わりました。「イサン」に続くイ・ビョンフン作品ですが、どうでしょうか?私としては、イサンよりは、かなりおもしろいけど、絶対に見ておくべきというほどでは無い。お好きなららどうぞ~見た時間がもったいないということはありません・・・といったあたりの評価です。ちょっぴり辛口で始まりましたが40話前後は睡眠時間を数時間に削って見てましたので、見させる要因は大いにありました(あかげで風邪ひいた;;)

物語は、賤民であったチェ・トンイ(ハン・ヒョジュさん)が汚名を着せられて亡くなった父の無実を晴らすために宮廷で働こうとします。そこで、お忍びで街にでていた朝鮮第19代国王の粛宗(スクチョン:チ・ジニさん)と出会い、彼の愛をうけながら、側室チャン・ヒビン(イ・ソヨンさん)との政争を経て、出世していき王の子をもうけるという物語です。賤民の出身であるトンイが王の子をもうけ、その子が王となるというのですから、血筋を考える人々にとっては大問題で、そのあたりが物語を混乱させる要因となっています。

さて、テーマは、完全に一本筋が通っていまして、「貴いということは、身分で決まるのではなく、その心の貴さで決まる」ということです。王、貴族、平民と階級社会ができていて、人々は、王に頭を下げ、貴族はその保身にやっきになり、賤民の命は虫けら同然の扱いとなっています。こういう時、貴い人とは誰なんだろうと物語は問います。私には、分不相応な扱いです・・・というトンイに、物語は、心が貴い者は、それに応じた尊敬をうけるべき価値があると返すのです。ですから、物語を通じて、トンイの行動は、決してブレがありません。真心と赦し・・・で、政略うずまく宮中に挑むのです。もともと政争にあけくれる貴族たちにとっては、トンイの行動は自分の理解を超えていますので、そのトンイの行動に隠された陰謀があると思ってしまうのです。自分の規範で人を評価する時、その人の大きさが自分の物差しよりはるかに大きいものだったら、その大きさはわかりません。トンイは自分の生き方に従って、生きてきただけ、その結果王の子を得て、子のためにどうしようと考えただけなんです。しかし、きたない宮中の中では異色の存在、本当はそうありたいと思う理想の人がそこにいることになったのです。そのトンイの心に触れた時、ある人は、魅入られていくのです。

私たちは、ある意味、現代の政治も同じようなことになって勢力争いをしているんだろうなぁと思っています。そこ吹く清廉な風のトンイ・・・やっぱり、心が貴い人が報われるんだという夢がそこに描かれ、このドラマをみると自分の心の中に開いた現在の政治に対する悲しい穴を少しだけ埋めることができるのです。ですから、このドラマのトンイは、決して挫折することはありません。視聴者の夢や希望をのせた存在となっていますから、どんなにピンチになっても(もう、無鉄砲ですから、しょっちゅうピンチになります)乗り切るのです。ですから、ハラハラ、ドキドキしながら見る良質のエンターテイメントとなっています。

チ・ジニさん扮する王スクチョンは、コミカルな感じで描かれることもあり、権力的なカリスマがいまいちありません。この時代はすでに、王は血族で世襲され、政治の実権は、政党ともいえる貴族集団で運営されているという感じです。イサンの時にも感じましたが、王なんだから、自分の意見に逆らって、つべこべ言う貴族はみんな追放じゃ~名分が何だ~私がルールブックじゃい!なんて、感情を私は何度も、もったことでしょう。

ハン・ヒョジュさんは、全編を通じて無難な演技をしていたと思います。後半、出世してからの気品ある態度は、はまっていると思います。見るべきは、チャン・ヒビン役のイ・ソヨンさん。初めは、トンイの才能を見抜き、抜擢していく彼女ですが、いつしか、王の愛を失い、側近の思惑とともに壊れていくところがすごかったです。ヒビンの側近がまともな人間なら、彼女も優れた心を持つものとして、君臨できたはずです。しかし、ヒビンの側近がアホなものですから、その毒が、ヒビンに回ってくることになります。貴かった心も、生き方により、変わる。ここに、心の貴さを保つことの困難さが示されています。

しかし、王は、いったい誰が好きなんだろう?子を成すための道具としての女性と心を通わす女性。うらやましいことに、王の二股+αの物語でもあります(笑)ちなみに粛宗のあとが、ヒビンの子である第20代国王景宗(キョンジョン)となり、彼は短命でしたので、次がトンイの子第21代国王英祖(ヨンジョ)となります。その英祖(ヨンジョ)の孫が第22代国王正祖(チョンジョ)イサンとなります。トンイの子、英祖(ヨンジョ)は歴代朝鮮王朝で最も長生きし、在位も52年と長かったそうです。イサンの出だしで、英祖がでてきますので、お~トンイの子だぁと思うと興味深いと思います。

ちなみにトンイが亡くなったのは1718年、国王スクチョンが亡くなったのは1720年、短命景宗(キョンジョン)は4年で去り、1724年から英祖です。この歴史的な流れからすると、このドラマの終わりを、死に逝くトンイを見送るスクチョンとしてもよかったと思うのですが、脚本家はそうしなかった。イサンの流れとかぶるからでしょうかね^^いや、どうしてもヒビンの子とトンイの子で、官僚を巻き込んだ跡継ぎ問題が起こりますから、その汚いところをもう描きたくなかったのでしょう。ドラマはヒビンの子とトンイの子が、お互い信頼し、助け合って行くというきれいな終わり方をしています。どんなに信頼で結ばれた2人でも、周りの官僚・利害・環境がそれを許さない。そんなところを脚本家は描きたくなかったのでしょうね。

|

« 韓国ドラマ「メリーは外泊中」見始めました。2話まで | トップページ | 久しぶりにDAVICHI・・・^^ »

コメント

トンイ、初め~中盤まではとても楽しんで見ていました。ただ、トンイの2番目の子がドラマの話の中心になってからは、一気に見る気がしなくなってしまいました。何となく中途半端なホームドラマになってしまった感じがつまらなくなった原因?それにしても2番目の子は容姿、演技とも・・・・。

投稿: ハヌル | 2011年7月29日 (金) 17時26分

こんにちは、ハヌルさん^^
うん、話の焦点が、トンイの子をどう生かすかというところにありましたから、トンイの出世物語からずれたのでしょうね。政治のグジュグジュ感に飽きると見るのがしんどくなるのかもしれません。

投稿: ぼんやり | 2011年8月 1日 (月) 06時45分

初めまして、こんばんは、ぼんやりさん!

いやあ、それにしても台風15号raintyphoonは、ひどかったですね。一昨日は、JRのガード下が通行止めになったり、JRのダイヤも、かなり乱れていて快速が走らなかったですからね、夜は。JRの電光掲示板の「調整中(Out of order)」って初めて見たかもしれないですね。昨日は関東方面がひどかったですが大丈夫ですか?

「同伊」は俺もNHK BSで見ていますよ。もちろん、音声は韓国語で日本語字幕付きにしていますけどね(笑)KNTVのが先行放送なんですね?ドラマは1/3を過ぎて中盤に向かっているところです。

ハン・ヒョジュちゃんは、かわいいですね。少ししか見ませんでしたが、「春のワルツ」のHeroineの子ですよね。

それにしても、このドラマってイ・ビョンフン監督ならではですよね。普通であれば、張禧嬪を主役に据えるところを同伊(淑嬪・崔氏) を主役に持ってくるという全く真逆の発想ですからね。お陰で楽しませてもらっています。

また、お邪魔させていただきますsign02

投稿: よっちゃん | 2011年9月22日 (木) 21時34分

こんにちは、よっちゃんさん^^
私の住んでいるあたりでは、幸いにも台風の影響は少なかったようです。テレビでは、いろんな所で「避難勧告」が出されていましたが、あまりにも出されすぎていて、その深刻さがよくわからない・・・と、不謹慎にも私は感じてしまいました。

さて、トンイですが、イ・ビョンフン作品です。彼の作品は、主人公が困難に陥り、どうなるんだぁ・・というのを基本に見させます。この作品もその流れを踏襲し、主人公トンイの波乱に満ちた人生が描かれます。でも、おっしゃるとおり、歴史的には、チャン・ヒビンのほうがはるかに有名です。そのため、逆に、トンイを描くことにより、ストーリーに自由度が生じ、視聴者を楽しませるものができたのでしょう。上手な監督です。ドラマは、まだまだ、先がありますので、楽しんでくださいね。

投稿: ぼんやり | 2011年9月23日 (金) 07時56分

こんばんはnight
20(火)はモーニングを食べて出掛けたのですが、向こう側に座っていた年配夫婦の方たちが 「防災ラジオを聴いていたら市内でも避難勧告が出ている地域があった。」と言っていましたし。とある川が氾濫して大変だったと聞きますし。え、どこかって?中日・落合監督の退任が話題になっている地方です。
俺の場合は、身近すぎて怖くなっているという心境です。
現在の気温が26.3℃ですから、台風が去って幾分か涼しくなってきた気がしますね。

>上手な監督です。
なるほどねぇ~。「同伊」で淑嬪・崔氏を演じた主演のハン・ヒョジュちゃん自身がこう語っています。「淑嬪・崔氏について詳しくなかったので、撮影前にぜひ調べなければいけないと想い、資料を集めようとしました。しかし、彼女についての資料がなかったので、私も調べるのが大変でした。でも、このドラマの後には、彼女を題材にした漫画、小説、ドキュメンタリーがたくさんつくられました」現在、読んでいる「知れば知るほど面白い朝鮮王朝の歴史と人物」(康 熙奉著)より抜粋。要するに視聴者に淑嬪・崔氏を知ってもらういい機会かもしれませんね。

さて肝心のドラマですが…。
1/3を過ぎて、いよいよ中盤に差し掛かっていきます。遂に張 玉貞らが、目の上のたんこぶであった仁顯王后をあの手この手で宮殿から追い出して廃妃にしてしまい、兄の希載なんかは、したり顔です(*^-^)
証拠書類を持ったまま身を隠してしまった同伊が見つからないという不安を除けば。その同伊が希載をなぜか義州で見かけてしまったというところで先週は終わりましたけどね。

神戸・香川へ行かれたんですか?讃岐うどんは美味しかったですか?
かくいう俺も昨日「江」の舞台、浅井三姉妹が幼少期を過ごした長浜の方へ行ってきました。和泉・大阪・福山…とさすが大河ドラマの舞台となった場所だけに遠方からの車も結構ありましたね。

これからもドラマを通じて親交が深まれば幸いです(*´v゚*)ゞ

投稿: よっちゃん | 2011年9月24日 (土) 19時10分

こんにちは、よっちゃんさん^^
そうとう涼しくなってきています。ふとん無しで寝ると寒くてやばい・・・って感じですね。昨日は良い天気に恵まれ、テニス男子ダブルス団体戦なんてものに出場してきました。若者の打球は早くて、手がつけられないんだけど、その確率がない・・・エースかアウトかという相手関係無しのテニスをしてきます。年寄りは、ふわふわボールでおつきあい・・です。
その後、マイブームとなっている西洋画の本を借りに図書館へ行ってきました。検索かけていてそこにあるとわかっている「J.W.Waterhouse」の画集って、図書館の人に言ったら、閉架の奥から、10分くらいかけて探してきてくれました。画集って高いので、図書館が最高!
さて、トンイ・・・ですが、政治的なかけひきで、人の運命が左右されます。科学的証拠が無い時、拷問の自供で罪が決まってしまう怖さ・・を、感じます。無実の人を何人も痛めつけて、「あの人が命令した」と一人でも言わせれば、OK!なんて、何て安易なんでしょう。

投稿: ぼんやり | 2011年9月26日 (月) 09時07分

こんばんは~よっちゃん
私は 昨日 イ・サンを見終わりました。(^^)v 初めて韓ドラに はまったのが「宮」だったので 日が浅いので 宜しくお願いします。イ・ソジンさん初めてでしたが すごく良かったと思いました。最後は大泣きでしたが(;;)そのハラボジ王だったんですね!トンイの子供は。トンイは イ・サンを見てから見た方がいいよと 言われ やっと見れるなあ♡♡と 楽しみに しています。監督がチャングムやイ・サンと同じ監督なので 安心なのですが私は ドロドロで終わりも最悪なのは 嫌なので お邪魔しましたm(_)m 好きなチ・ジニさんも 出ていて ものすごく 楽しみです。イ・ソジンさんもファンになりましたが♡ お邪魔して 良かったです

投稿: みなみ | 2011年12月23日 (金) 22時30分

こんにちは、みなみさん^^
イ・サンより、トンイのほうが軽く見られると思いますし、主役が無鉄砲(言い過ぎ?)のトンイですから、全体に明るい雰囲気でよろしいかと思います。

投稿: ぼんやり | 2011年12月25日 (日) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/51959060

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「トンイ」全60話見終わりました。:

» 韓国ドラマ無料動画 [韓国ドラマ無料動画]
韓流スター韓国ドラマ韓国映画のyoutube無料動画やあらすじ、みどころを紹介しています!「美男(イケメン)ですね」「イタズラなKiss」等の特に人気の高い動画を紹介するサイトです。 [続きを読む]

受信: 2011年7月13日 (水) 19時45分

« 韓国ドラマ「メリーは外泊中」見始めました。2話まで | トップページ | 久しぶりにDAVICHI・・・^^ »