« 韓国ドラマ「イニョン王妃の男」見終わりました。 | トップページ | 韓国ドラマ「屋根部屋の皇太子」全20話見終わりました。 »

2012年12月 2日 (日)

韓国ドラマ「太陽を抱く月」全20話見終わりました。

韓国ドラマ「太陽を抱く月」全20話見終わりました。う~ん・・・よくできた物語です。はまっていたら号泣シーン満載で、絶対ティッシュが必要です。はまってなくても、子供時代のヨヌお亡くなりシーンでは泣くだろう^^最後のほうは、くさい演出ですが、やっぱり泣いた。

最終話では、「この人のここで泣け!ここで泣け!」という繰り返し責めてくる場面に、「ありふれてる」と思いながらも泣いてしまいます。泣かせのツボを押さえた名作と言います。機会があったらみてくださいね。

物語は、もちろん王道とも言える展開をベースにもっています。つまり、王の后ともなり得た娘が、とある事情で落ちぶれて、そこから再度王との恋を実らせることができるか?ということです。このパターンは、歴史ものにはつきものですが、視聴者の感情移入を進めるには最適の展開です。つまり「え~そんなとこまで落ちぶれて、どうなるんだろう?」という思いから、次に、主人公とともに成り上がっていく疑似体験ができるのです。ですから、この視聴者の疑似体験は、絶対ハッピーエンドにしなくてはなりません。なぜなら、視聴者は主人公に自分を重ねていますので、ハッピーに終わらないと満足しないのです。現実がきびしいからこそ、ドラマを見ていて、そこに自分を重ねる・・だから、絶対にハッピーエンドを望むのです(こりゃ私だ^^違う人もきっといるな^^)。このドラマはどうだったのでしょう。

物語は、若き世子(皇太子ね)イ・フォン(キム・スヒョンさん)は、宮中で偶然会った是大学の娘イ・ヨヌに一目ぼれ。2人は両思いとなりますが、世子の義理の兄(庶子)ヤンミョン公(チョン・イルさん)は、フォンがヨヌ(ハン・ガインさん)に出会う前から、ヨヌが大好きでした。ヤンミョンは身分やしがらみを捨てても、ほしいものはただひとつヨヌだけという強烈な愛情を持っています。領議政ユン・デヒョンは、次の王に自分の娘ユン・ボギョン(キム・ミンソさん)を后にしようと画策します。つまり、国に2つの太陽(フォンとヤンミョン)と2つの月(ボギョンとヨヌ)が存在することになります。当然、そこには権力争いが生じ、ややこしいことになります。そういう状況の中、ヨヌはお后に決定しますが、巫女のチャンの呪いにより発病、そして、死んでしまいます。残った世子フォンとヤンミョンはいつまでもヨヌのことが忘れられずにいましたが、あるとき、ヨヌに似た身分の低い女性が現れ・・・という物語です。

前半の子役たちの演技・演出は目をみはるものがあります。はじめは、ちょっと違和感が感じられましたが、途中からは、ヨヌの子役を演じたキム・ユジュンさんがすごい演技をしていきます。出演ドラマをあげても、いっぱいという子役さんですから、とても存在感がありますよね。若き日のフォンを演じたのはヨ・ジングさんで、「ジャイアント」のガンモの子役でした。フォンの大人時代のキム・スヒョンさんは「ジャイアント」のソンモ兄ちゃんの子役ですから、それからしてみると出世したものです。「自鳴鼓チャミョンゴ」のラヒの子役時代を演じたチン・ジヒさんは、ここでもわがままいっぱいのミナ公主の役ではまり役といえます(子供のわがまま、うるさい役をやらせたら、とってもいい感じで好き^^)ヤンミョン子役は「屋根部屋の皇太子」の侍従イ・ミンホさんですが、この人がいくぶん他の子役たちに比べて、ドラマ中ではるかに大人びている印象があります。

このドラマは、ひとりの女性をめぐる2人の男の純愛がみどころです。8年前に亡くなった女をずっと想い続けている男2人。一人は、王という立場ゆえに自分の気持ちを認められず安易な行動もとれず、一人はどんなに想っても想いがかなわないという切なさ。女性視聴者の方はヨヌに感情を同調して、2人の男から求められる喜びを味わってください(笑)ちなみに、私は、フォンの后であるポギョンも好きでした。この役も切ない役で、妻でありながら、決して夫から愛されません。かわいそうでしたよ。

さて、主役ヨヌを演じたハン・ガインさんですが、最近、この人が私は苦手。別の人による配役だったら良かったのにと何度も思いました。キム・スヒョンさんとのバランスでは、ちょっと年齢差を感じました。それでも、見させるところに、このドラマのすごさがあります。

妊娠したミナ公主に、彼女の罪を知ったヨヌ兄が問い詰めるシーンでは、私は、追及せずにそのまま、ミナと子と幸せを求めると思っていました。ミナが子を授かって幸せそうでしたから・・・しかし、心の平穏は別のところにあったのです。果てしなく続く自責の念とともに一生送るのはつらいことですから、このドラマのミナ公主の裁き方はうまいといえます。

しかも、ミナ公主は、ユヌの兄と結婚していましたから、血縁からいってヨヌとフォンは結ばれることがありません。また、フォンにはお后がいて、ヨヌはどうあがいても後宮。しかもヨヌ自身の身分も賤民にまで落ちていますので、身分制度からいって、それも難しい。ここをどうまとめるのかを注目していたのですが、まあ、うまく話をまとめたようです。視聴率も高く、間口の広い泣かせるドラマ、特に子役時代の名演はみておくべきでしょう。

このドラマの感想の最後はこの言葉です。最終話でヨヌの侍女ソルがヨヌ兄(ミナ公主の夫ね)へ向けて言っていると言われた言葉・・・・「幸せですか?」

・・・・大きな声で「はい」と答えられないなら・・・何かすることがあるのかもしれませんね^^

さて、次は「根の深い木」です。もう見終わっていますが、重厚な作品で感想を書けないでいます(笑)

|

« 韓国ドラマ「イニョン王妃の男」見終わりました。 | トップページ | 韓国ドラマ「屋根部屋の皇太子」全20話見終わりました。 »

コメント

このドラマのために、この十年韓国ドラマを見てきたような作品です。
ドリームハイでキム・スヒョンを赤と黒でハン・ガインをチャングムでヤン・ミギョンを49日でチョン・イルをトンイでキム・ユジョンをと配役陣に馴染んで、朝鮮王朝時代も各ドラマで知識として備えました。
それらのバックボーンがあってこそ、大いにはまって泣くことができました。
で私もハン・ガインを見るとどうしても夫のヨン・ジョンフンが浮かんでしまいます。独身女優さんにしてくれたらとやっぱし思ってしまいます。

投稿: どくだみ | 2012年12月21日 (金) 15時11分

こんにちは、どくだみさん^^
泣けるドラマですよね。ただ、ブレーキはハン・ガインさん。キム・スヒョンさんからのバランスでいうと、どうしても違和感を感じます。感想中でも書きましたが、これだけ、苦手な女優さんでも、見させるパワー・・よろしいかと思います。

投稿: ぼんやり | 2012年12月21日 (金) 21時30分

サムぅ~~~いしか・・・言えない

  何日前から~見はじめました

   子役のふたり『イルジメ』の続きを見てる感じかしますね

  ヨヌ。。。好演ですよね~可憐で、凛としていて。。。

  まだ・・・ハン・ガイン・・・
     もの凄く・・・苦手~
    でてきては無いのだけど・・・
   ここが納得いかないのよね

   根の深い木。。。「ソイ」を持って来てほしかったわ
   

投稿: おじょです | 2012年12月24日 (月) 17時17分

明けまして。。。おめでとう
  今年も宜しくね

  さて・・・見終わったんだけねぇ~~~
  
  ・・・・・・・・・・・・・
    ハン・ガイン・・・これは問題だわ

  ちぃ~~~とも・・・感情輸入が出来ない
    いつも、口ごもる~声が暗い・・詰まってて聞きとりにくい
   あの~~~子役から・・・・
      ヒエェ~crying勘弁だわ
  多分~輪郭とかで・・・持って来たんだろうけど

 赤と黒・・・でも・・・
  棒読み・・・・イヤァ~~~参りました

投稿: おじょです | 2013年1月 6日 (日) 18時53分

あけましておめでとう。おじょさん^^
ハン・ガインきつかったですか^^
私も見てる間、この女優さんじゃなかったらなぁって思いました。赤と黒は私は前半で脱落しています。根の深い木のシン・セギョンさん・・・・ならよかった?そうですね。顔的にもいけたでしょうね。残念なことに主役を張る女優さんには旬というものがあるようです。(不穏当な発言です^^)

投稿: ぼんやり | 2013年1月 8日 (火) 06時41分

キング ~Two Heartを見ました。盛りだくさんの内容で、アイリスや宮の要素あり、南北問題ありで楽しめました。太陽を抱く月と違って、イ・スンギがハ・ジウォンより9歳も年下なのに、それを全く感じさせません、さすがです。この二つのハートの意味するものが何なんでしょう?二つの恋愛、頼りない王からしっかりした王への変貌、二人の兄弟の王、いろんな意味に取れますが、正解が知りたいものです。韓国では当初の視聴率が半減したそうですが、充分におすすめの作品です。

投稿: どくだみ | 2013年1月28日 (月) 14時18分

こんにちは、どくだみさん^^
キングっていいですか?私はイ・スンギさんが、大の苦手で、わがまま役をしているとアレルぎーを起こします。したがって、第1話を見てリタイヤしてしまいました。好きなタイプ、嫌いなタイプってが、ありますよねぇ

投稿: ぼんやり | 2013年1月28日 (月) 21時32分

私も誰とはいいませんが出てるだけで嫌な方がいますけど、しかたないですね、アレルギーなら。全編わがままなイ・スンギだから。

投稿: どくだみ | 2013年1月28日 (月) 22時29分

ぎゃははh。。。

  ここにも居たわ(●^o^●)

     イ・スンギ・・・フダンも我がままで、生意気そう・・・で大嫌い

  

投稿: おじょです | 2013年1月31日 (木) 19時11分

おじょさん こんにちは^^
フフ^^イ・スンギさん嫌いですか?ま、苦手タイプってありますよね。わがまま御曹司が、心のきれいな女性に出会って変わっていくというのが、定番ストーリーのひとつですが、この御曹司が苦手タイプだと、変わっても、やっぱりだめ~~となってしまいます。好きなタイプだと、おおっ良いじゃん!となりますので、見るほうの趣味ですね。

投稿: ぼんやり | 2013年2月 3日 (日) 08時06分

イ・ソンギさん、私も苦手でしたが、バラエティ番組の司会をしてる姿をみて苦手アレルギーが半減しまきた。
ハン・ガインはドラマに合うとはとても思えません。でも子役達は素晴らしかった。特にキム・ユジュンはすごい!!
キム・スンホの魅力が大きく楽しみなドラマです。

投稿: ベル | 2013年4月 7日 (日) 23時20分

こんにちは、ベルさん^^
ちょっと、扁桃腺を患っていて、PCを開きませんで、コメント遅れました。イ・スンギさん・・・好き嫌いありますよね。視聴者は画面に映る姿は、本人とは違う虚構と思いながらも、ドラマに没頭すると、どうしてもイメージを作り上げてしまう。役者さんも大変なものです。このドラマの子役は良かったと思います。いずれ主役をとって、お目にかかるでしょうね。

投稿: ぼんやり | 2013年4月13日 (土) 07時59分

こんにちは!
大いに期待して見始めたドラマ、裏切られませんでした。子役たちの演技は、良かったですね。私もミナがかわいくていいと思いました。ヨヌ兄が好きでたまらない正直な気持ちと表情にぎゅっとなるくらい、うまかったと思いました。
ハン・ガインさんに、皆さんかなり厳しいようですが・・・私は好きなので、年齢差も演技力も気にならず、とっても楽しく夢中で見てしまいました!子供時代の聡明な感じは多少薄れましたが、揺るがない一途な愛「抱いてしまった想いは、簡単には消せぬもの」・・13歳のヨヌが兄に言った・・に、ガインさんを見ながら、私が胸トキメキさせてもらえました。スヒョンさんは、演技力ありますね。涙の演技とクールさに引き込まれました。
せつないシーン・心にはいってくる台詞に思わず涙を流してしまいました。満足。。。

陽明君やソル、みんなのそれぞれのせつない恋に、いろいろなことを思いました。
心ゆくまでヨヌのことを想える*いつも幸せでいてほしい*相手に伝わりましたよね~~。王妃だけは、最後までかわいそうな役だったと思います。「ただ一つ心がほしかった」と・・。ロマンスだけじゃない、面白くてすばらしい作品だったと思います。皆に見てもらいたい♪見て~♪

投稿: kei | 2013年6月27日 (木) 19時06分

keiさん、こんにちは^^
気に入ったドラマが見られると楽しい時間が持てて、気分良いですよね。私の方は最近見ているドラマも少なく、ブルーレイレコーダーに録画がたまっていく一方です。そろそろレコーダーに外付けハードディスクを増設しないと録画時間が不足するなぁと思っています。

投稿: ぼんやり | 2013年7月19日 (金) 06時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145819/56236147

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国ドラマ「太陽を抱く月」全20話見終わりました。:

« 韓国ドラマ「イニョン王妃の男」見終わりました。 | トップページ | 韓国ドラマ「屋根部屋の皇太子」全20話見終わりました。 »