僕の彼女は九尾狐(クミホ)

2011年5月16日 (月)

韓国ドラマ「僕の彼女は九尾狐」見終わりました。

韓国ドラマ「僕の彼女は九尾狐(クミホ)」全16話見終わりました。ちょっと惜しいって感じですが、私としては、非常に良いと思ったドラマです。前半は、ムカツキキャラのチャ・テウンとあまりに可愛い(幼いとも言う)ク・ミホのエピソードに引く人がいるかもしれません。しかし、ストーリーは思っていたように切ない展開となり、最終話へと繫いでいきます。客観的には、まあ、おすすめ。主観的には、とってもオススメという変わったドラマです。

つまり、私としては、ク・ミホの一途さとか可愛さにノックアウト!この感覚は「君はどこの星から来たの」のボクシルに通じるものがあります。ストーリーは置いておいて、ク・ミホが可愛い。この感覚を持った人は、良いドラマというでしょうね。以下、ネタバレ。

このドラマのク・ミホは、もともと狐ですから、人間ではありません。ですから、自分の感情に正直です。好きなものは好き、嫌いなものは嫌い。本能に従って、自分の気持ちをそのまま口に出すのです。私は、このク・ミホを見て、うらやましいと思うのです。人間でないからこそできる正直さ・素直さに私は魅了されてしまったのです。

そして、このク・ミホは人間になろうとします。すると、働いてお金を得ること、人との付き合い方を考えること、学ぶことなど、いろいろなことを覚えていきます。人間になること・・・それは、つらいこと・・・実は、自分の気持ちのままに生きられないことなのかもしれません。ただ、テウンが好きという純粋さが、生きるということに変わっていくことが悲しい。このドラマの前半のテーマは、まさに、ここにあると思いました。

そして、次のテーマは年をとることは、悲しい事ではないということです。ク・ミホは、永遠ともいえる命を持っていました。それなのにわずか90年足らずしか生きられない人間になろうとします。私達は、死にたくない、若いままでいたいという、はかない希望を持っています。しかし、永遠の命をもつ者からすると、時が流れるということが逆に幸せなことだというのです。人生は有限であるから、少しでも自分の希望となるように、計画をたてる。そして、すごした過去を振り返って、自分の生き方を見ることができるという幸せがあるというのです。なるほど・・・確かに命が永遠で時が流れないなら、そこには虚しい思いが生じるかもしれませんね。隣の芝生は青いというように、自分の境遇でないものへのあこがれ。どっちが良いのかはわかりません。でも、現実には、人の命は有限で、選択できるものではありませんから、結局、与えられた範囲の中で、悔いのない精一杯の生き方をするしかないということです。

そして、最後のテーマは、人は愛する人のために命を捨てられるか?自分の命が無くなっても、他の人を生かしたい。国のために・・・家族のために・・・子供のために・・・そういうことができる場合があります。このドラマでは、テウンとミホは、自分の命を削ってでも、愛する人の命を救おうとします。迷うことのない愛。ドラマの中で見せられると美しいです。しかし、このドラマでは、それだけではありません。こうして救われた命を持つ方は、いつしかそのことを思い出にして忘れてしまうというのです。すると命を捧げた方は、馬鹿らしくないか?いえ、そうではありません。愛する人への想いや行為は自分のもの、相手の想いや受け取り方で変わるものでは無いはず。自分がそれで良ければ良いのです。こうして、ミホやテウンの選択ははっきりとしたものとなっています。

まあ、こんなに軽いドラマなんですけど、いろいろいっぱいなテーマみたいなものが感じられました。さすがの脚本ですね。

心に残った名シーンは2つ、ひとつは8話でテウンから花束をもらったミホがテウンに「私のこと好きになれる?」と問うシーンです。この時のミホは、暗い背景に浮き出るような白系の服、アクセントに花束という映像的にとっても美しいです。Kumiho 私なら、「はい」と即答しそうです(笑)が、よーく考えると、この娘は狐の妖怪・・・人と狐は違うのです。テウンはもちろん答えることができません。ミホの希望は、私がクミホでも好きになって欲しいということでした。どんなに仲が良くても、テウンはミホに好きという言葉を発しません。ここが、次の感動シーンの最大の伏線です。ミホはどんなにテウンが好きでも、その心をもらえないのです。

そして、11話のテウン告白シーンへと続きます。別れを覚悟した100日契約、人間と狐の妖怪との恋という障害のため苦しむミホとテウンですが、11話でついにその二人の想いが重なります。大学近くの聖堂でテウンはミホに「2人が違うことは、好きだから大丈夫だ!」と言います。まさに、この言葉をどれだけ待ったことでしょう。そして、ヨチン(彼女)と言われたミホにテウンのキス!いいよ~~ここ(笑)この後、いちゃいちゃシーン連発^^

さて、私の感じたこのドラマの欠点は、テウン叔母ミンスクとパン監督の恋のサイドストーリーがあまりに笑いに振っていることです。この2人のシーンがでてくると、テウンとミホの恋に集中していた気分が空振りする気がしました。人によっては、おもしろくて良いと思うかもしれませんが、私は駄目でした。そして、ファンの方には申し訳ないのですが、このドラマのテウン役のイ・スンギさんとトンジュ役のノ・ミヌさんが、別の人だったら良かったのにと、思いました(ど~も好かんって感情です。まったく個人的な感想ですからごめん)そして、最終話あたりのストーリーの流れのわかりにくさが問題です。いくらなんでも、日食でそんなことが起こっちゃぁ非現実的で、口が開いたままになります。終盤の三神ばあさんと子供妖怪の存在・さばき方もいくぶん@@です。ということで、いつの間にか眠っていたというシーンもありましたよ。

以下強烈なネタバレです。注意。

ところで、途中で、私の予想した最終話のおとし所って・・・・50日でテウンの体から取り出した狐の宝玉をミホが自分の体に入れず、保管していましたから、うまい~脚本って思ったわけです。つまり、ミホが人間になるため、狐として死亡する瞬間、テウンの命の半分を持った玉を戻して、ミホは人間になると予想したわけです。最終話間近は、ミホの命を戻すための宝玉の行方を巡って、エピソードを積み重ね、最終話で、死に向かうミホに戻すべく宝玉をもたないテウンを描き、ギリギリのところで宝玉を戻すって感じに展開すると思ったんですね。そして、愛する人と同じ立場で暮らすという幸せは、時間で計るものではなく、自分の命の長さ半分を失ってもまったく問題ない・・と締めると思いました。ところが、脚本家はそう作らなかった。ミホが消えるという最大の山場シーンをどうしても撮りたかったんでしょうか。

三神ばあさんとの約束と天のきまぐれ・・・で終わらせちゃ、私にはファンタジー過ぎました。とっても残念。この最終で、人に勧めるのがちょいと怖い気がします。視聴対象年齢は、ちょっと下という気がします。ストーリーの流れは読めていますので、自分がこのドラマに何を見るか?それによって評価が分かれると思います。大きな感動を与えてもらえるわけではありませんので、楽しく見られるかどうかがポイントでしょう。それでも、有り余るほどのミホの可愛さで、私は、個人的に、このドラマを好きというほかありません。可愛い女性から、街中で大声で「とっても、とっても、とっても、とっても、大好き~!!」(どっかの歌詞ではありません^^)って言われちゃ・・・テウン幸せ過ぎ(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)

韓国ドラマ「僕の彼女は九尾狐」を見始めました。7話まで

韓国ドラマ「僕の彼女は九尾狐」7話まで見ました。このドラマは、名作を輩出するホン姉妹の脚本です。ホン姉妹と言えば「快傑春香」「マイガール」「ファンタスティックカップル」「快刀ホン・ギルドン」「美男ですね」ってところでしょうか。いずれも、おすすめできる大名作の連発です。あっと、「美男ですね」は私は未見です(若い男がたくさん出てくるのは、ちょいと避ける^^そのうち見るけどね)見たドラマはすべて、笑いの中に強烈な切なさを入れて、泣かせるという展開が多いです。さて、このドラマはどうでしょうか?・・・いや、7話にして、この先の切なさが読めているのですけど・・・(涙) きっと、見た後で、これも名作って言うんだろうなぁ^^期待が大きいと受けるドラマのほうも大変ですけどね。

ドラマは、掛け軸の絵に閉じこめられていた九尾狐の絵にチャ・テウン(イ・スンギさん)が尾を描いてやったことから、九尾狐(クミホ)が絵を抜け出し、現実世界に現れます。クミホは、チェ・テウンになつき、人間になろうとするのです。その方法は、獣医師パク・トンジュ(ノ・ミヌさん)の言葉に従い、狐の宝珠を人間に与え、100日後、クミホの霊力が無くなる時に宝珠を回収するというものでした。ところが・・・・これ以上書けません。

イ・スンギさんと言えば、「華麗なる遺産」、私としてはわがまま勝手な役が大嫌いでイマイチはまれませんでした。これを引きずっているのに、このドラマでも良く似た役なんですよね。ですから、前半のチャ・テウンは、と~ても嫌い。ムカツキキャラでございます(ファンの人ごめん^^)

一方のク・ミホはシン・ミナさんですけど、「魔王」で有名ですね。ここでは・・・・とんでも無く可愛い役をやっています。こういう感じの女の子が好きな男性にとっては、ツボに、はまって、どうしようって感じです。雰囲気は韓国の名作映画「猟奇的な彼女」を思い出してしまいました。ク・ミホは人間ではありませんから、常識とか恥ということを知りません。ですから、人間よりも、ずっとずっと純粋な精神を持っています。本能に忠実ともいうのですけどね。その彼女の行動はとっても、おかしい上に、とっても可愛いのです。

そして、わがまま自分勝手なチャ・テウンが彼女に引っ張り回され、いつしか恋の感情が芽生えていくのです。おまけに設定は、100日の契約同居という韓国ドラマお得意の手法も使っています。そして、今後の涙しそうな伏線もしっかり張られていますので、これで、おもしろくないわけがない。これまでのところは、ときどき眠くなるし、ちょっと視聴対象年齢が低いという感じもしますが、レベル的には、かなりのモノです。

純粋なク・ミホと、自分勝手なチャ・テウン、2人の出会いはそれぞれの生き方を変え、そして、最後は・・・・どうなるんだぁ・・・ハッピーエンドにしてください(笑)迷わず、続きを見ます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

19の純情 | 90日愛する時間 | BAD LOVE~愛に溺れて | あなた笑って | あの青い草原の上に | ありがとうございます | ある素敵な日 | あんぱん | いいかげんな興信所 | いかさま師~タチャ | お嬢さんをお願い | がんばれ!クムスン | このろくでなしの愛 | どなたですか? | なんでウチに来たの? | ぶどう畑のあの男 | アイ・アム・セム | アクシデントカップル~ただ見守っていて | イサン-正祖大王 | イニョン王妃の男 | インスンはきれいだ | ウェディング | オンリー・ユー | オー必勝! | カインとアベル | カップルブレイキング | キツネちゃん、何してるの | クリスマスに雪は降るの? | ケセラセラ | コーヒープリンス1号店 | シティハンター in Seoul | シティホール | シンデレラのお姉さん | シンドン | シークレット・ガーデン | ジャイアント | ジュリエットの男 | スカイハイ(Sky High) | スターの恋人 | ストック | スポットライト | スマイル・アゲイン | ソウルメイト | ソドンヨ | タムナ | チェオクの剣 | チャングムの誓い | チョンウチ | テルン選手村 | テロワール | トキメキ☆成均館スキャンダル | トンイ | ニューハート | ハノイの花嫁 | ハロー!お嬢さん | パスタ | パソコン・インターネット | ピングオリ | ファッション70s | ファンタスティック・カップル | フルハウス | ブルーフィッシュ | プラハの恋人 | ベートーベンウィルス | ホジュン | マイ・ガール | ミスターグッドバイ | メリーは外泊中 | メリー&テグ 恋のから騒ぎ | ラブレター | ラブ・トレジャー 夜になればわかること | ローズマリー | 一枝梅(イルジメ) | 不汗党(プランダン) | 不良カップル | 不良家族 | 九尾狐外傳 | 乾パン先生とこんぺいとう | 京城スキャンダル | 会いたい | 偉大な遺産 | 僕の彼女は九尾狐(クミホ) | 僕は彼女が好き | 優しい男 | 兄嫁は19歳 | 別れの法則 | 別巡検 | 君はどこの星からきたの | 君は僕の運命 | 善徳女王 | 外科医ポン・ダルヒ | 大望 | 大祚榮(テジョヨン) | 大~韓民国の弁護士 | 天使のキス | 太王四神記 | 太陽の女 | 太陽を抱く月 | 威風堂々な彼女 | 守護天使 | | 宮S | 屋根部屋の皇太子 | 幸せです | 幻の王女チャミョンゴ | 弁護士 | 強敵たち | 彼らが生きる世界 | 彼女がラブハンター | 彼女が帰ってきた | 復活 | 必殺!最強チル | 快傑春香 | 快刀 ホン・ギルドン | 恋するスパイ | 愛していると言って | 愛してる | 愛するなら彼らのように | 愛に狂う | 愛をたずねて三千里 | 日本のドラマ | 日本の映画 | 日記・コラム・つぶやき | 明朗少女成功記 | 春のワルツ | 最高の愛 恋はドゥグンドゥグン | 朱蒙 | 東京、天気雨 | 検事プリンセス | 波乱万丈ミスキムの10億作り | 海神 | 漢城別曲 正 | 火の鳥 | 燦爛たる遺産(華麗なる遺産) | 犬とオオカミの時間 | 王女の男(姫の男) | 男が愛する時 | 白雪姫 | 神の天秤 | 神様、お願い | 私の名前はキム・サムスン | 私の恋愛のすべて | 私の期限は49日 | 私の生涯最後のスキャンダル | 美賊イルジメ伝~帰ってきたイルジメ | 花いちもんめ | 花より男子 | 製パン王キム・タック | 酒の国 | 銭の戦争 | 雪だるま | 雪の女王 | 韓国ドラマ | 韓国映画 | 風の絵師 | 馬医 | 魔王 | 1%の奇跡 | 12月の熱帯夜 | 18・29 | 4月のキス | 9回裏2アウト | Dr.ギャング | K-POP