私の恋愛のすべて

2014年2月 2日 (日)

韓国ドラマ「私の恋愛のすべて」見終わりました。

韓国ドラマ「私の恋愛のすべて」全16話見終わりました。このドラマは保守政党に属し、政治に希望を失っていた新人議員のキム・スヨン(シン・ハギョンさん)と僅か2名の弱小野党に属する新人議員ノ・ミニョン(イ・ミンジョンさん)との恋を描いた物語です。通常、恋愛の障害として何を設定するかが、問題なのですが、兄妹、義理の親戚関係、記憶喪失、病気、親の確執、貧富や教養や年齢の差、お邪魔虫の存在と義理人情、さては、住んでいた時代や場所・・など、ほんとに脚本家が何らかの障害を一生懸命考えます。

このドラマでは与党と野党に属する議員間の恋。思想の問題ですか?なかなか新しい発想ですが、そんなに成功したという気はしません。ラブコメですので、おばかな政治家たちの生態が描かれます。これについてはお飾りみたいなもので、深いテーマもあまり感じませんでした。

物語としては、女性を一切近づけてこなかったキム・スヨンが、ノ・ミニョンに対して恋に落ち、ひたすらアタック。ついにはミニョンもその気持ちに答え、秘密の恋愛関係に突入。しかし、秘密はいつしか、ばれるもの・・・さあ、どうなった?という物語です。物語としては一本道でよくある展開と言えますので、目新しさがない代わりに、安心してそこそこ楽しめます。でている人が好きならOK、駄目なら駄目と思われます。しかし、安心してお気楽に見られるという意味では価値があるかもしれません。私としては時間が有り余っている人はどうぞというくらいです。

キム・スヨン役のシン・ハギョンさんは、癖のある顔ですので、この人が受け入れられるかどうかが問題です。キム・スヨンはちょっと偏屈なところがあり、わが道を行く・・といったタイプです。しかし、彼は、当選したときはもっと政治家としてやりたいことがあったのです。しかし、政治は一人の力では動きません。自分の無力さを実感し、政治家を辞めようと思っていたのです。ここで、弱小政党に属するノ・ミニョンが登場します。彼女は、信念を持って、自分のやりたいことを述べていました。自分のできないことをする女(まあ、野党ですから・・~~)。スヨンはミニョンにどんどん惹かれていきます。自分のできないことができる人って、やはり憧れますよね。しかし、野党と与党の議員ですから、対立関係にあるわけです。でもね、これって、そんなに大きな障害じゃない気がします。その人の持つ思想は思想・・恋愛感情は別。本人たちがよければ、まあ、外からとやかく言うことではありません。ただ、党としての秘密っていうのがあると思うので、そのあたりが回りの人にとっては問題でしょうね。

私は、政治を変えたいと本当に思うなら与党に入るべきと思っています(以下多種意見あるところなので反論もらってもパスします)。野党の人は、みんな、本当にやりたいことを隠して与党で当選して、そこで自分のやりたいことを主張すれば良いのになと思います。実現の可能性の少ない理想論を唱えながら、結果として何ができたか?確かに、少しでも異なった意見があることを示すことに意味があると言うのでしょう。まあ、それも認めます。

政治で国民の生活を変えたいという志のある人に、高額の給料や退職金は必要ないでしょう。年齢相応、庶民程度の給料でよいはず、政治に金がかかるというのはそれ自体が間違っている。ドラマ中でも述べられていましたが、政治家は国民より下。先生と呼ばれてふんぞり返っていて、選挙のときはペコペコ、いったい何なんでしょうね。ただ、国民は、自分のレベルに応じた政治家しか持つことができないと言われているように、選んでいる私たちにこそ問題があるのかもしれません。残念なことに私たちはあまりに政治に対して不勉強です。ただ、自分の生活に当てはめて、そんなに悪い生活じゃなければ、良い政治といいます。身近なものに置き換えた結果で政治を判断するのです。大部分の人たちは、その政治家がどんな考えを持っていて、何がしたいのかなんて、わかりません。今より良い暮らしになったら良いなぁと思って選ぶのです。政治家はその期待に答えるべく努力し、結果で評価されるという本当は恐ろしい職業なんですよね。ただ、みんなが求める良い暮らしが人によって違うので、最大公約数を模索する。すると極少数の人は、ひどい政治というわけです。そして少数の権利を守れと言う。きっと、政治家は、大を生かすために、小を斬って、少しでも良い暮らしを作ってくれているはずだと理解しましょうね。^^

脱線をもとに戻しますと、このドラマのテーマらしきことは「初心忘れるべからず」ということでしょう。恋愛初期の自分の気持ち・・・、何かを志そうとした時のあの気持ち・・・みんな、いつしか忘れていませんか?好きな人の姿を追って、目が合ったときの幸せな気持ち、相手も自分に好意があったとわかった時の気持ち・・・そんな若い気持ちなんて、年甲斐もなく恥ずかしいと思うかもしれません。でも、こっそり心の中で振り返ることは恥ずかしくありません。分別や常識でガチガチになった頭を少しだけ戻してみるとまた、何かがちょっぴり変わります。(後悔が湧いてくるので、あえて忘れているという人はどうぞそのままで・・・^^忘れることも大切です。おいおい^^)

シン・ハギョンさんがサッカー選手の香川真司さんに見えるのは私だけだろうか?

| | コメント (5) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

19の純情 | 90日愛する時間 | BAD LOVE~愛に溺れて | あなた笑って | あの青い草原の上に | ありがとうございます | ある素敵な日 | あんぱん | いいかげんな興信所 | いかさま師~タチャ | お嬢さんをお願い | がんばれ!クムスン | このろくでなしの愛 | どなたですか? | なんでウチに来たの? | ぶどう畑のあの男 | アイ・アム・セム | アクシデントカップル~ただ見守っていて | イサン-正祖大王 | イニョン王妃の男 | インスンはきれいだ | ウェディング | オンリー・ユー | オー必勝! | カインとアベル | カップルブレイキング | キツネちゃん、何してるの | クリスマスに雪は降るの? | ケセラセラ | コーヒープリンス1号店 | シティハンター in Seoul | シティホール | シンデレラのお姉さん | シンドン | シークレット・ガーデン | ジャイアント | ジュリエットの男 | スカイハイ(Sky High) | スターの恋人 | ストック | スポットライト | スマイル・アゲイン | ソウルメイト | ソドンヨ | タムナ | チェオクの剣 | チャングムの誓い | チョンウチ | テルン選手村 | テロワール | トキメキ☆成均館スキャンダル | トンイ | ニューハート | ハノイの花嫁 | ハロー!お嬢さん | パスタ | パソコン・インターネット | ピングオリ | ファッション70s | ファンタスティック・カップル | フルハウス | ブルーフィッシュ | プラハの恋人 | ベートーベンウィルス | ホジュン | マイ・ガール | ミスターグッドバイ | メリーは外泊中 | メリー&テグ 恋のから騒ぎ | ラブレター | ラブ・トレジャー 夜になればわかること | ローズマリー | 一枝梅(イルジメ) | 不汗党(プランダン) | 不良カップル | 不良家族 | 九尾狐外傳 | 乾パン先生とこんぺいとう | 京城スキャンダル | 会いたい | 偉大な遺産 | 僕の彼女は九尾狐(クミホ) | 僕は彼女が好き | 優しい男 | 兄嫁は19歳 | 別れの法則 | 別巡検 | 君はどこの星からきたの | 君は僕の運命 | 善徳女王 | 外科医ポン・ダルヒ | 大望 | 大祚榮(テジョヨン) | 大~韓民国の弁護士 | 天使のキス | 太王四神記 | 太陽の女 | 太陽を抱く月 | 威風堂々な彼女 | 守護天使 | | 宮S | 屋根部屋の皇太子 | 幸せです | 幻の王女チャミョンゴ | 弁護士 | 強敵たち | 彼らが生きる世界 | 彼女がラブハンター | 彼女が帰ってきた | 復活 | 必殺!最強チル | 快傑春香 | 快刀 ホン・ギルドン | 恋するスパイ | 愛していると言って | 愛してる | 愛するなら彼らのように | 愛に狂う | 愛をたずねて三千里 | 日本のドラマ | 日本の映画 | 日記・コラム・つぶやき | 明朗少女成功記 | 春のワルツ | 最高の愛 恋はドゥグンドゥグン | 朱蒙 | 東京、天気雨 | 検事プリンセス | 波乱万丈ミスキムの10億作り | 海神 | 漢城別曲 正 | 火の鳥 | 燦爛たる遺産(華麗なる遺産) | 犬とオオカミの時間 | 王女の男(姫の男) | 男が愛する時 | 白雪姫 | 神の天秤 | 神様、お願い | 私の名前はキム・サムスン | 私の恋愛のすべて | 私の期限は49日 | 私の生涯最後のスキャンダル | 美賊イルジメ伝~帰ってきたイルジメ | 花いちもんめ | 花より男子 | 製パン王キム・タック | 酒の国 | 銭の戦争 | 雪だるま | 雪の女王 | 韓国ドラマ | 韓国映画 | 風の絵師 | 馬医 | 魔王 | 1%の奇跡 | 12月の熱帯夜 | 18・29 | 4月のキス | 9回裏2アウト | Dr.ギャング | K-POP