白雪姫

2006年1月14日 (土)

韓国ドラマ「白雪姫」視聴終了。

韓国ドラマ「白雪姫」見終わりました。感想はというとね。楽しく見れたんだけど、心が動かないって感じ。最終話は、つめこみすぎでしょう。見ていて、「ここにいたって、そういう展開かい?残り時間少ないけどどうすんの?」と思ってしまいました。自分のやりたいことを大切にする2人でしたが、最後にして、はじめて、「ジヌとくっついたほうが楽しそう」と思ってしまいました。鈍感男のジヌがけっこう、かっこいい奴に見えてきたのが、不思議です。ヨンヒとの会話も自然な上に、積み重ねてきた年月が感じられて、ジヌに戻ってもいいよと思いましたね。いちおう、ハッピーエンドにまとめましたが、その展開でいいのか?って気持ちがフツフツとわいてきましたよ。

恋人が仕事でも趣味でも、なにか夢中になるものを持っているのはすばらしいことだけど、その間、自分のことが一番じゃなくてさびしいと思うことは、よくある感情じゃないかな。これは、恋人に対する縛りの感情で、わがままなんだけど、ある種の嫉妬みたいなもので、その大きさにも個人差があると思います。この気持ちが大きくなると「煩わしい奴。ひつこい奴。いっしょにいてしんどい奴。」とか言われて、逆に嫌われちゃうんだよね。でも、(自分は置いておいて、)恋人には、いつでも自分が一番であって欲しいぞ。いや、一番であるふりをしていて欲しいね。^^

最終的に、ヨンヒは、韓国に残ります。確かに、ヨンヒが日本についていくと、慣れない土地・言葉のうえに、彼は仕事で忙しくて、一緒にいられないというのが、みえみえだから、きっとつぶれちゃってます。男性側にもっと余裕があれば、大丈夫だと思いますが、あの段階では、無理でしょうから、時間をおいたのは、つらいですけど正しい選択として、共感できました。熱病のような恋なら、後先見ずについていくという選択をしても、きっと、後悔はしないでしょうね。だって、時間をおいて、ミナコにとられちゃたりしたら、後悔しそう。「会えなかったら、愛もだんだん忘れる」ってのが、あるからね。

ヨンヒは、ケーキ店を開いていると思ったら違ってました。^^最終回の頃のイメージからいうとやっぱ、おしゃれに洋菓子店を予想するじゃない。いいけどね・・・・・。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2005年12月30日 (金)

韓国ドラマ「白雪姫」12話まで見ました。

GyaO配信中の「白雪姫」12話まで見ました。以下ネタばれあり。注意

11話冒頭で、ソヌ(イワンさん)とヨンヒ(キム・ジョンファさん)が抱き合ってるのを、ジヌ(ヨン・ジョンフンさん)目撃したんじゃないの?おそろしく鈍感だよな。ジヌは。普通、あの雰囲気で気づくよ。でもって、だんだんヨンヒを女として意識しはじめたジヌへ向かって、「ジヌ、ファイテイン・・」でニコッとヨンヒからやられちゃうと、まあ、誰でも恋に落ちますわ。変身したキム・ジョンファさんの魅力爆発で、そのシーンでは、思わず私も「可愛い~」と言わせてもらいました。^^その後、ジヌはヨンヒの気持ちを、昔のビデオを偶然見て知っちゃうんだけど、ここで、言おう。やっぱり「もう。遅いのや!」。鈍感男のアタックは、鈍感であるがゆえに強引です。「微笑まれると胸が震える」だって、なんというプロポーズだ!。好きな人がいるってヨンヒが言っているじゃない。人のいうことを聞け~!おまえは、血液型Bかぁ~(すみません。偏見です。)

年齢差を意識しながら、お互いの気持ちを手探ってるヨンヒとソヌのカップルは、これからドラマで、おきまりのすれ違いを演じることになります。^^ソヌよ。はっきりヨンヒにアタックしなさい。人の心は常に揺れてるんだから、止めるためには、繰り返しの愛の言葉が必要だよ。

年齢なんて、年くってきたら、何歳か自分でもわからなくなるし、少しの差なんて感じなくなります。数学的にも証明されてるし・・・・年齢差/年齢の数値は年とともにどんどん減っていく(ほんとかぁ^^)。その人の年齢は、その人の持つ雰囲気で全然変わります。年とっても可愛い人はいつまでも可愛いし、反対に、生活に疲れている人は、年齢以上に年とって見えるし・・・。だから、私も気持ちだけ(;;)は、若くありたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月22日 (木)

韓国ドラマ「白雪姫」10話まで

GyaO配信中の「白雪姫」10話まで見ました。ついに、眼鏡をはずした、キム・ジョンファさん^^ 個人的には眉の描き方が気に入らないけど・・・美人の正体を現しました。今、並行して、「1%の奇跡」を見ているので、キム・ジョンファさん祭りの状態になっています。ストーリーとしては、予想通りの展開で進んでいるんですが、最終的にどっちとくっつくのか楽しみです。ソヌの微妙な感情を演技しているイワンさんのほうが、好みなんでこっちと結ばれてほしいですね。鈍感男のジヌ(ヨン・ジョンフンさん)のほうは、泣きなさい。^^「もう、遅いのや!」(どっかのドラマのパクリ^^年がわかる!)

おっと、まだ「1%の奇跡」をダッシュで見ているのでこのへんで・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月15日 (木)

韓国ドラマ「白雪姫」8話まで見ました。

GyaO配信中の「白雪姫」を8話まで見ました。7話前半で、中だるみかなと思って、居眠りしそうだったのが、最後に爆弾を仕込んでましたね。だんだん、ソヌとヨンヒの関係が良い雰囲気になってきて、おもしろいです。スーパーのカートにのったヨンヒ(キム・ジョンファさん)の可愛いこと!スーパーのカートを押しながら、2人で買い物を入れていくなんて風景は幸せの象徴ですよね。意識しなくても、一緒で楽しいとか会話がはずむってのが男女で生じるとそれは、恋のはじまり、はじまり^^。さて、今後この物語どう展開するのでしょう。

この物語、整形の話がよくでてきます。一般に、目を二重にするぐらいだと違和感ないけど、鼻を整形すると、どうしても不自然な感じがでてくるような気がします。私、最近体重がちょっと増えて、顔がまるくなっちゃたよ。これも整形?ちょっと運動してやせなくては・・・。晩ごはん食べてコタツに入ったら、寝てしまうってのが、太るパターンですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 8日 (木)

「守護天使」見終わり「白雪姫」6話まで見ました。

韓国ドラマ「守護天使」全部、見終えました。感想はというと、あれ、何にも印象残ってないや^^。めずらしく、悪い人がいなくなって、けっこう平和な終わり方でしたね。このドラマの主役は、ひょっとして、敵役をやったユン・ダフンさんじゃなかったかなぁ。こういうストーリーなのかも知れないけど、ソン・ヘギョさんの役のキム・ミンジョンさんへの想いってのが、いまいち私には伝わってこなかったんです。ということで、もし、人に「おもしろい?」って聞かれたら、「微妙」って答えるなぁ^^(最近の日本語って、便利で曖昧な言葉があるもんだ。はっきり言えよ!)ふつ~うの作品です。悪くはない。^^

そのあと、GyaO配信中の「白雪姫」を見ました。これは、ここまで、はっきりおもしろいです。コメディですので、いろいろオーバーなところは、ありますが、楽しめます。録画できないのが、つらい。保存版をつくりたいぞ~。主演のキム・ジョンファさん、5話で髪形を変えたので、ちょいと美貌がアップしました。眼鏡でごまかしても、もう無理です。十分美人で、魅力的に撮られています。(そのへんにいないよね。)

ヨン・ジョンフンさんも、「悲しき恋歌」とは違い、このキャラは、いい感じです。で、もっとも気に入ったのが、顔が黒木瞳系の変な日本人?として登場したミナコ(チョ・ユニさん)です。さびしがりやで、人の言うことを聞かない(ふりをしている)で、マイペースな感じで、大好きなキャラです。こういう感じで、まとわりつかれて振り回されるのもいいなぁと思う、私でした。

喜怒哀楽の表現が大きい人って周りにいると、見ていて楽しいです。特に自分が、感情を抑えるタイプ(ネクラともいう^^死語か?)なんで、うらやましく感じるのかもしれません。うれしい時には、笑おうね。(^o^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年11月26日 (土)

GyaOにて韓国ドラマ2本視聴中

Gyaoで配信されている「あの青い草原の上に」と「白雪姫」を視聴しました。どっちも、まあおもしろそうなので、見ることにします。「酒の国」の時と違って更新ペースが遅いので、イライラします。間があくと、頭の中の消しゴムと泡立て器が働いて、ストーリー忘れちゃうし、他のドラマとストーリーが混ざっちゃうんです。なんせ、年だから・・・(^^;)。「あの青い草原の上に」のほうは、なんとなく、ストーリー読めてる感じだけど、OKです。チェリムさんは、「イブのすべて」にでているのは、知ってましたが、なんせ、「イブのすべて」がお蔵入り(暇無いので見てない)しているので、どんな女優さんか知りません。これで、彼女が気に入ったら、お蔵からでてくる予定かな。

一方、「白雪姫」のほうは、第一印象強烈です。^^主演のキム・ジョンファさんは、「ガラスの靴」「太陽に向かって」のイメージから、全然違っていて、誰だこれ?って感じでした。女は化けるもんですね。髪型、化粧、めがねで、雰囲気変えて、表情を演技すると別人になります。すごいもんだ。本来の自分ってのが、どこかにありながら、別人を演じるって、一度やったら、快感になるような気がします。演じているのを見ているほうも、勝手にその人のイメージを作り上げているし、ほんとに虚構の世界ですわ。

もっとも、私にとっても、本来の自分ってわからないかも、しれません。現実世界で他人の目を意識して、なんだか、演じているような気もします。

さて、買い物(電動歯ブラシが買いたい。持ってる電動歯ブラシが充電しても根性がなくなってきて、気合いいれてもすぐ止まるので、手動歯ブラシになってしまった。)と遊びに行ってきます。

追伸、「1%の奇跡」をまだ見てないのがちょっと痛い。DVDの後半をまだ、ゲットしてないので、見るわけにいかないのさ;;。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

19の純情 | 90日愛する時間 | BAD LOVE~愛に溺れて | あなた笑って | あの青い草原の上に | ありがとうございます | ある素敵な日 | あんぱん | いいかげんな興信所 | いかさま師~タチャ | お嬢さんをお願い | がんばれ!クムスン | このろくでなしの愛 | どなたですか? | なんでウチに来たの? | ぶどう畑のあの男 | アイ・アム・セム | アクシデントカップル~ただ見守っていて | イサン-正祖大王 | イニョン王妃の男 | インスンはきれいだ | ウェディング | オンリー・ユー | オー必勝! | カインとアベル | カップルブレイキング | キツネちゃん、何してるの | クリスマスに雪は降るの? | ケセラセラ | コーヒープリンス1号店 | シティハンター in Seoul | シティホール | シンデレラのお姉さん | シンドン | シークレット・ガーデン | ジャイアント | ジュリエットの男 | スカイハイ(Sky High) | スターの恋人 | ストック | スポットライト | スマイル・アゲイン | ソウルメイト | ソドンヨ | タムナ | チェオクの剣 | チャングムの誓い | チョンウチ | テルン選手村 | テロワール | トキメキ☆成均館スキャンダル | トンイ | ニューハート | ハノイの花嫁 | ハロー!お嬢さん | パスタ | パソコン・インターネット | ピングオリ | ファッション70s | ファンタスティック・カップル | フルハウス | ブルーフィッシュ | プラハの恋人 | ベートーベンウィルス | ホジュン | マイ・ガール | ミスターグッドバイ | メリーは外泊中 | メリー&テグ 恋のから騒ぎ | ラブレター | ラブ・トレジャー 夜になればわかること | ローズマリー | 一枝梅(イルジメ) | 不汗党(プランダン) | 不良カップル | 不良家族 | 九尾狐外傳 | 乾パン先生とこんぺいとう | 京城スキャンダル | 会いたい | 偉大な遺産 | 僕の彼女は九尾狐(クミホ) | 僕は彼女が好き | 優しい男 | 兄嫁は19歳 | 別れの法則 | 別巡検 | 君はどこの星からきたの | 君は僕の運命 | 善徳女王 | 外科医ポン・ダルヒ | 大望 | 大祚榮(テジョヨン) | 大~韓民国の弁護士 | 天使のキス | 太王四神記 | 太陽の女 | 太陽を抱く月 | 威風堂々な彼女 | 守護天使 | | 宮S | 屋根部屋の皇太子 | 幸せです | 幻の王女チャミョンゴ | 弁護士 | 強敵たち | 彼らが生きる世界 | 彼女がラブハンター | 彼女が帰ってきた | 復活 | 必殺!最強チル | 快傑春香 | 快刀 ホン・ギルドン | 恋するスパイ | 愛していると言って | 愛してる | 愛するなら彼らのように | 愛に狂う | 愛をたずねて三千里 | 日本のドラマ | 日本の映画 | 日記・コラム・つぶやき | 明朗少女成功記 | 春のワルツ | 最高の愛 恋はドゥグンドゥグン | 朱蒙 | 東京、天気雨 | 検事プリンセス | 波乱万丈ミスキムの10億作り | 海神 | 漢城別曲 正 | 火の鳥 | 燦爛たる遺産(華麗なる遺産) | 犬とオオカミの時間 | 王女の男(姫の男) | 男が愛する時 | 白雪姫 | 神の天秤 | 神様、お願い | 私の名前はキム・サムスン | 私の恋愛のすべて | 私の期限は49日 | 私の生涯最後のスキャンダル | 美賊イルジメ伝~帰ってきたイルジメ | 花いちもんめ | 花より男子 | 製パン王キム・タック | 酒の国 | 銭の戦争 | 雪だるま | 雪の女王 | 韓国ドラマ | 韓国映画 | 風の絵師 | 馬医 | 魔王 | 1%の奇跡 | 12月の熱帯夜 | 18・29 | 4月のキス | 9回裏2アウト | Dr.ギャング | K-POP