恋するスパイ

2006年6月26日 (月)

韓国ドラマ「恋するスパイ」見終わりました。

韓国ドラマ「恋するスパイ」見終わりました。このドラマは、題名にスパイと入っているだけあって、だれが、どの組織に属していて、良い者か悪い者かが、なかなかわかりません。このことに気づくのに相当の時間がかかりました。そう思いながら見はじめるとそれなりに見られます。この複雑な人間関係の中に、ボケをかますイ・スネ(ナム・サンミさん)のおもしろさとハン・ユイル(デニス・オさん)のかっこよさとウンジュ(ユ・ソンさん)の男を押し倒す性格が楽しめたら、おもしろくなってきます。しか~~~し、大きな問題は最終回、いろいろな伏線やら、秘密やらが解決してないのではないでしょうか。ちょっと急いで終わらせちゃったという感じがしました。何かあったの?(現実で、どっかからの圧力がかかって続けられなくなったとか・・・^^)もう2時間くらい延長して、ペンの秘密やらユイルの消息やら○○の逮捕やらのシーンを作って、はっきりさせてくれなくちゃあイライラします。

イ・スネ巡査の得意技は、ボケをかます。煙に巻く。あいそ笑い(この笑いかたがニヘラ~としてかなり良い)の3点です。おまけに、全体に大きめの服を着て、ヒョコヒョコ歩くんです。相当変なキャラなんですが、終盤の本気モードの時は、化粧を変えたからか、別人のようなシャキッとした感じに変わります。ほんとに女性って化けるもんですね。違う役で、髪型と化粧を変えたら気づかないかも・・・。

ということで、終盤何となく楽しめそうになってきたのですが、最後にズドンと評価を下げましたので、人には勧められません。最終回を何話かに分けて、復讐に燃えるイ・スネの変化やその後をちょっと描いてくれなかったことが本当に残念です。

ちょっと前までの韓国ドラマというと、出生の秘密、貧富の差、不治の病、交通事故、強烈ないじめ、4角関係、記憶喪失・・・なんてのがよく出てきましたが、さすがに最近のドラマは、このパターンを踏まないように、パターンを踏んでも軽くしている気がします。あり得ない~というドラマチックさが減り、おしゃれな日本風のドラマになるのが良いのか悪いのかわかりませんが、私としては、あまり海外を意識した作りをしないようにしてほしいと思います。特に日本への輸出を意識して作ると笑える作品が出来てしまいます。ワンパターンと言われようと、韓国でうけるならそれで良いと思います。そういうのが好まれる文化・社会・思想として認めます。純愛とか30台女性の生き方とか家族を描くとかのドラマのテーマというのも、その時々で変わりますので、変えようとしなくても視聴者の好みを追っていれば知らないうちにドラマのつくりも変わっていくのは間違いありませんよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

韓国ドラマ「恋するスパイ」8話まで

韓国ドラマ「恋するスパイ」を8話まで見ました。サッカーやら映画やらに浮気してたら、なかなか進みません。言い換えれば、のめりこんで見るほどではないということです。6話ぐらいまで、たいくつでたいくつでどうしようかと思いました。7話で、イ・スネ(ナム・サンミさん)を、カン・ジュン(イ・ジュヒョンさん)とハン・ユイル(デニス・オさん)とが取り合いし始めましたので、やっとおもしろく見られるようになってきました。しかし、このドラマ20話もあるのか・・・・しんどいなぁ^^これから、スネの夫の事故死の真相を解明していくのでしょうが、淡々と進んでいくようなら感想を書くことができませんよ。お~後半盛り上がったなぁという展開を希望~します。
最近、知らないうちに寝ていて、朝4時頃に目がさめるという、サッカーワールドカップ用の体になってきました。生体リズムが乱れているので、しんどいです!

物欲の虜となっている私、今欲しいモノはiPodの60Gのやつ。iPod Nanoがメモリー分いっぱいになって、新しく曲が入らなくなってきたのです。整理するのはめんどくさいし、一挙に60Gなら、しばらく曲とり放題だなと思うわけで・・・しかし、今の奴、発売されてちょっと経ってるので、買い時が難しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

韓国ドラマ「恋するスパイ」4話まで

韓国ドラマ「恋するスパイ」を4話まで見ました。警官であり事故死した夫の後を継いで、巡査となったイ・スネ(ナム・サンミさん)が、情報の詰まったペンを偶然手に入れて、それをめぐってスパイ(?)らしきハン・ユイル(デニス・オさん)やら、上司のカン・ジュン(イ・ジュヒョンさん)やらが絡んでくるコメディなんでしょうね。4話までの印象としては、韓国ドラマっぽくないなということです。良いのか悪いのか今のところ、何とも言えませんが日本で、作ったらこういう感じになるのじゃないかなぁと思いました。笑いのシーンを散りばめながら、進んでいきますが・・見ているほうもなんとなく・・・見てしまいます。まあ、お気楽に見られて、どこででも休憩できる感じですね。今後、どこかで、心を揺さぶられることがあるのでしょうか?お楽しみ。^^ 制服を脱いで、ぴったりしたドレスを身にまとったナム・サンミさん・・・意外とぽっちゃり体型かな^^。
さて、交通違反で拘束したお偉いさんを早く解放するよう政治的圧力がかかってきます。国家的なプロジェクトにかかわる重要な人物なので、軽微な違反で拘束するなというわけです。逆にいうと重要でない人は、法律を規定通り運用せよということですので、こんなことが行われていると無茶苦茶になってしまいます。現実にもありそうな話で、政治と司法とは馴れ合いがあって、実は相互に融通をきかせている気がします。それで、まれにその融通を覆い隠すポーズのために、司法が政治側を追求したりするもんですから、政治側は、法律を変えちゃったり、司法制度自体を触ってけん制しているのでしょう。さて、そこで気になったのが、物事の重要度は何で判断するのでしょう。多数決の原理からいえば、大多数の人がそれは重要だと言えば重要になるのでしょうが、もっと個人のレベルになってしまいますと、物事の重要度は、個人の主観によって大いに異なります。仕事や趣味が重要という人もいるだろうし、子供の世話が人生のすべてと感じるくらい重要と言う人もいるでしょうね。ですから、個人対個人で話しをする場合は、自分にとって重要と思えないことが人にとって重要である場合があるということを知っておくべきだということです。いわゆる価値観の違いということですね。価値観が多数と違う人は、しばしば変人とか言われちゃいますが、ときどきその中から世界を変えるような人がでてきます。人類の進歩をつくりだすのは、たいてい他の人と別の価値観を持った人です。
ホリエモンに続いて、株式をめぐる不正でまた逮捕者がでましたね。日本的にいうと「出る杭は打たれる」ということで、目立ちすぎるとお仕置きがくるわけです。同じようなことをしている人は、いっぱいいるだろうし、追求が自分にきそうになったら、別の大事件をリークして目をそらすという手を使っているいる偉い人もいるのではないかと思っています。
ごめんなさい。ドラマから脱線しちゃいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

19の純情 | 90日愛する時間 | BAD LOVE~愛に溺れて | あなた笑って | あの青い草原の上に | ありがとうございます | ある素敵な日 | あんぱん | いいかげんな興信所 | いかさま師~タチャ | お嬢さんをお願い | がんばれ!クムスン | このろくでなしの愛 | どなたですか? | なんでウチに来たの? | ぶどう畑のあの男 | アイ・アム・セム | アクシデントカップル~ただ見守っていて | イサン-正祖大王 | イニョン王妃の男 | インスンはきれいだ | ウェディング | オンリー・ユー | オー必勝! | カインとアベル | カップルブレイキング | キツネちゃん、何してるの | クリスマスに雪は降るの? | ケセラセラ | コーヒープリンス1号店 | シティハンター in Seoul | シティホール | シンデレラのお姉さん | シンドン | シークレット・ガーデン | ジャイアント | ジュリエットの男 | スカイハイ(Sky High) | スターの恋人 | ストック | スポットライト | スマイル・アゲイン | ソウルメイト | ソドンヨ | タムナ | チェオクの剣 | チャングムの誓い | チョンウチ | テルン選手村 | テロワール | トキメキ☆成均館スキャンダル | トンイ | ニューハート | ハノイの花嫁 | ハロー!お嬢さん | パスタ | パソコン・インターネット | ピングオリ | ファッション70s | ファンタスティック・カップル | フルハウス | ブルーフィッシュ | プラハの恋人 | ベートーベンウィルス | ホジュン | マイ・ガール | ミスターグッドバイ | メリーは外泊中 | メリー&テグ 恋のから騒ぎ | ラブレター | ラブ・トレジャー 夜になればわかること | ローズマリー | 一枝梅(イルジメ) | 不汗党(プランダン) | 不良カップル | 不良家族 | 九尾狐外傳 | 乾パン先生とこんぺいとう | 京城スキャンダル | 会いたい | 偉大な遺産 | 僕の彼女は九尾狐(クミホ) | 僕は彼女が好き | 優しい男 | 兄嫁は19歳 | 別れの法則 | 別巡検 | 君はどこの星からきたの | 君は僕の運命 | 善徳女王 | 外科医ポン・ダルヒ | 大望 | 大祚榮(テジョヨン) | 大~韓民国の弁護士 | 天使のキス | 太王四神記 | 太陽の女 | 太陽を抱く月 | 威風堂々な彼女 | 守護天使 | | 宮S | 屋根部屋の皇太子 | 幸せです | 幻の王女チャミョンゴ | 弁護士 | 強敵たち | 彼らが生きる世界 | 彼女がラブハンター | 彼女が帰ってきた | 復活 | 必殺!最強チル | 快傑春香 | 快刀 ホン・ギルドン | 恋するスパイ | 愛していると言って | 愛してる | 愛するなら彼らのように | 愛に狂う | 愛をたずねて三千里 | 日本のドラマ | 日本の映画 | 日記・コラム・つぶやき | 明朗少女成功記 | 春のワルツ | 最高の愛 恋はドゥグンドゥグン | 朱蒙 | 東京、天気雨 | 検事プリンセス | 波乱万丈ミスキムの10億作り | 海神 | 漢城別曲 正 | 火の鳥 | 燦爛たる遺産(華麗なる遺産) | 犬とオオカミの時間 | 王女の男(姫の男) | 男が愛する時 | 白雪姫 | 神の天秤 | 神様、お願い | 私の名前はキム・サムスン | 私の恋愛のすべて | 私の期限は49日 | 私の生涯最後のスキャンダル | 美賊イルジメ伝~帰ってきたイルジメ | 花いちもんめ | 花より男子 | 製パン王キム・タック | 酒の国 | 銭の戦争 | 雪だるま | 雪の女王 | 韓国ドラマ | 韓国映画 | 風の絵師 | 馬医 | 魔王 | 1%の奇跡 | 12月の熱帯夜 | 18・29 | 4月のキス | 9回裏2アウト | Dr.ギャング | K-POP