弁護士

2007年1月18日 (木)

韓国ドラマ「弁護士」16話見終わりました

韓国ドラマ「弁護士」全16話見終わりました。

11話にして、やっと見られるドラマになりました。ユン・ソクキ(キム・ソンスさん)が、感情を大きくだしはじました。それに呼応するように、ソ・ジョンホ(キム・サンギョンさん)の想いも伝わってきます。

11話の2人のバーでの会話が、このドラマの名シーンです。ユン・ソクキは、酔いにまかせて、ソ・ジョンホに、ついに心情を吐露します。「何かを決意する時、ある女の顔が浮かぶ。それが愛だと思う。だから、わかる。単に道徳心で隠されているあなたの深い愛を・・・」なるほど、このドラマで、キム・ソンスさんの人気がでた理由がやっとわかってきました。隠しても隠しても溢れるジュヒへの愛です。一方のソ・ジョンホですが、12話で、ジュヒについての想いをこう表現します。「ジュヒは空気のようなものだ。無ければ自分の息が止まってしまう・・・」、そして、ついに面と向かって、「非常識と言われようが、俺はお前にに会いたい!」とジュヒに言います。おや、何だか、かっこいい気がしてきます。これを、聞いているユン・ソクキの複雑な表情。うーん。この2人の男優陣の株が、だいぶ上昇してきました。しかも、いろいろなところに配置されていた脇役たちも、上手に動き始めて、ジグソーパズルのピースがはまっていくような感覚です。

このあたりから、最終話にかけては一気に行きましたよ。このドラマで泣くことは無いだろうと思っていましたが、最終話はちょっとポロリとさせられました。埠頭でのユン・ソクキのシーンで、もはや忘れてしまったような冒頭の輝けるジュヒとソクキの様子を回想で持ってきましたか?これじゃ~泣けます。おまけにその後に、ヤン・ハヨン(ハン・ゴウンさん)が、携帯に映る自分とかすかに微笑むソクキの写真を見ているシーンでボロ泣き・・・。全編を通じて、やはり、ハン・ゴウンさんは本当に良かったです。さて、チョン・ヘヨンさんはどうだったのでしょう。彼女の演じたジュヒという役は、「自分が喜ぶことで、誰かを不幸にすることは耐えられない」というような基本的に感情を心に押し込める性格です。感情を出さないで、演技することは、演技することと矛盾するかのようで、大変難しいことのように思えます。ということで、中盤から後半にかけて、ワンパターンの感じがして、私にはちょっと存在感が不足していました。

このドラマを見るならば、絶対に男性陣2人に嵌って見てください。すると良いドラマに感じられることでしょう。嵌れなかったら、冒頭のジュヒの笑顔を心に持ちながら、ハン・ゴウンさんを見て我慢して10話まで行きましょう。11話からドラマが動き始めます。後は、お好みで・・・。さて、ドラマ中のお言葉としては「短気な女と豪邸に住むより、笑顔の女と穴ぐらに住め」というのがありました。自分の心安らぐ場所は、笑顔に満ちているほうが幸せですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月13日 (土)

韓国ドラマ「弁護士」9話まで

韓国ドラマ「弁護士」9話まで見ました。さて、困ったことにぐっすり眠れるドラマです。進まないこと・・進まないこと・・。会話が退屈なので、つい気持ちよくコタツで寝てしまいます。だって、この前4話ぐらいほとんど何の進展も無い気がしています。寝ているので、けっこう何度も新鮮に繰り返し見ているかも(笑)。

このドラマは、男性陣にはまれないとつらいです。ジュヒ(チョン・ヘヨンさん)を愛しながらも、悪の道を選択し、彼女に害が及ばないように、努力する男ユン・ソクキ(キム・ソンスさん)・・・このせつない愛に感動すれば、いけます。また、妻がいるにもかかわらず、ジュヒの幸せをなによりも願っている弁護士ソ・ジョンホ(キム・サンギョンさん)・・・この想いに感動すれば、いけます。私、どっちも苦手なタイプに入っちゃいましたので、つまんな~~~い!。

期待のジュヒは、ノロマだったかマヌケだったかのあだなの通り、今のところぼんやり~~としたキャラなので、2人の男性の愛情を受けるに足るほどの存在感が、いまいちありません。私にとって、唯一輝いてるのが、ヤン・ハヨン(ハン・ゴウンさん)だけという状態になっています。

おーい、そろそろメリハリを出してくれぃ。けっこう見るのがつらいよ。私には合わないかも・・・(涙)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

韓国ドラマ「弁護士」見はじめました。4話まで

韓国ドラマ「弁護士」を見はじめました。4話まで見ました。このドラマを選択したのは、もちろん「火の鳥」で印象に残ったチョン・ヘヨンさんを見るためです。いきなりのジュヒ役チョン・ヘヨンさんの幸せな笑顔で始まります。そうこれが見たかったんです。思ったとおり、相当可愛いです。えい、貼っちゃおう。Bengo

ドラマは、医者の娘として幸せな人生を送っていたジュヒ(チョン・ヘヨンさん)は、ある殺人を装った事故に、両親と妹が巻き込まれ、両親は死亡、妹は半身不随、事故の賠償で貧乏という境遇に落ちていきます。婚約者のユン・ソクキ(キム・ソンスさん:まゆげが気になる^^)は、事故の真相を探る途中で、強烈な暴力に会い、結局、ジュヒを捨てる道を選択することになります。絶望の中、ジュヒは、弁護士ソ・ジョンホ(キム・サンギョンさん)の紹介で法律事務所に勤めることになります。そして5年、悪(?)の手先となった弁護士ユン・ソクキが米国から帰国し、弁護士ソ・ジョンホの秘書としてジュヒが勤める法律事務所に同僚の弁護士として、偶然勤めることになります。・・・という出だしです。

始まったばかりなので、特にぐいぐい惹きつけられる感じではありませんが、何となく見ています。このドラマの女性陣は、みんな相当きれいです。ジュヒの友人役のヤン・ハヨン(ハン・ゴウンさん)、弁護士のオ・ユリ、ジュヒの妹と美人ぞろいです。一方、男性陣は、ルックス的にはいまいちの感じがしていますので、これが、ドラマのブレーキになっています(笑)。まあ、ストーリーが良ければ、ルックスは関係なくなりますので、今後の展開を期待してます。

このドラマがお蔵に入っていた理由・・・それは、ハン・ゴウンさんです。ぱっと見、整形系で、けばい感じがして、こりゃ見たくないやと思っていたのですが、喰わず嫌いはいけません。これまで、最も輝く演技をしています。第一印象とは違い、とっても良い役をもらっている気がしますね。これまでで、ハン・ゴウンさん・・・良いに変わっちゃいました。

ジュヒは、ソクキに捨てられてからは、感情を表さず、仕事をそつなくこなす女性となっています。笑顔もほとんどありません。ソ・ジョンホからもっと感情をだせみたいなことを言われますが、「これが私・・」という感じでした。ここで、登場・・昔の恋人ユン・ソクキ・・・そのあくどい行動を叱責するジュヒ・・きた~~~!。静から動への展開です。こういう激しい感情の動きを演技させたら、チェン・ヘヨンさんはとっても良いですね(「火の鳥」でおなじみです)。

さて、ジュヒはまだソクキに未練があるのか、それとも上司ソ・ジョンホとの不倫へ入るのかどうなるのでしょう。このドラマのテーマは「人生は選択の連続だ」です。一方の道を選んだら、別の道は選択できません。さあ、登場人物それぞれがどんな選択をしていくか、これから見ていきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

19の純情 | 90日愛する時間 | BAD LOVE~愛に溺れて | あなた笑って | あの青い草原の上に | ありがとうございます | ある素敵な日 | あんぱん | いいかげんな興信所 | いかさま師~タチャ | お嬢さんをお願い | がんばれ!クムスン | このろくでなしの愛 | どなたですか? | なんでウチに来たの? | ぶどう畑のあの男 | アイ・アム・セム | アクシデントカップル~ただ見守っていて | イサン-正祖大王 | イニョン王妃の男 | インスンはきれいだ | ウェディング | オンリー・ユー | オー必勝! | カインとアベル | カップルブレイキング | キツネちゃん、何してるの | クリスマスに雪は降るの? | ケセラセラ | コーヒープリンス1号店 | シティハンター in Seoul | シティホール | シンデレラのお姉さん | シンドン | シークレット・ガーデン | ジャイアント | ジュリエットの男 | スカイハイ(Sky High) | スターの恋人 | ストック | スポットライト | スマイル・アゲイン | ソウルメイト | ソドンヨ | タムナ | チェオクの剣 | チャングムの誓い | チョンウチ | テルン選手村 | テロワール | トキメキ☆成均館スキャンダル | トンイ | ニューハート | ハノイの花嫁 | ハロー!お嬢さん | パスタ | パソコン・インターネット | ピングオリ | ファッション70s | ファンタスティック・カップル | フルハウス | ブルーフィッシュ | プラハの恋人 | ベートーベンウィルス | ホジュン | マイ・ガール | ミスターグッドバイ | メリーは外泊中 | メリー&テグ 恋のから騒ぎ | ラブレター | ラブ・トレジャー 夜になればわかること | ローズマリー | 一枝梅(イルジメ) | 不汗党(プランダン) | 不良カップル | 不良家族 | 九尾狐外傳 | 乾パン先生とこんぺいとう | 京城スキャンダル | 会いたい | 偉大な遺産 | 僕の彼女は九尾狐(クミホ) | 僕は彼女が好き | 優しい男 | 兄嫁は19歳 | 別れの法則 | 別巡検 | 君はどこの星からきたの | 君は僕の運命 | 善徳女王 | 外科医ポン・ダルヒ | 大望 | 大祚榮(テジョヨン) | 大~韓民国の弁護士 | 天使のキス | 太王四神記 | 太陽の女 | 太陽を抱く月 | 威風堂々な彼女 | 守護天使 | | 宮S | 屋根部屋の皇太子 | 幸せです | 幻の王女チャミョンゴ | 弁護士 | 強敵たち | 彼らが生きる世界 | 彼女がラブハンター | 彼女が帰ってきた | 復活 | 必殺!最強チル | 快傑春香 | 快刀 ホン・ギルドン | 恋するスパイ | 愛していると言って | 愛してる | 愛するなら彼らのように | 愛に狂う | 愛をたずねて三千里 | 日本のドラマ | 日本の映画 | 日記・コラム・つぶやき | 明朗少女成功記 | 春のワルツ | 最高の愛 恋はドゥグンドゥグン | 朱蒙 | 東京、天気雨 | 検事プリンセス | 波乱万丈ミスキムの10億作り | 海神 | 漢城別曲 正 | 火の鳥 | 燦爛たる遺産(華麗なる遺産) | 犬とオオカミの時間 | 王女の男(姫の男) | 男が愛する時 | 白雪姫 | 神の天秤 | 神様、お願い | 私の名前はキム・サムスン | 私の恋愛のすべて | 私の期限は49日 | 私の生涯最後のスキャンダル | 美賊イルジメ伝~帰ってきたイルジメ | 花いちもんめ | 花より男子 | 製パン王キム・タック | 酒の国 | 銭の戦争 | 雪だるま | 雪の女王 | 韓国ドラマ | 韓国映画 | 風の絵師 | 馬医 | 魔王 | 1%の奇跡 | 12月の熱帯夜 | 18・29 | 4月のキス | 9回裏2アウト | Dr.ギャング | K-POP